イタリアのママ議員が子連れ出勤を続ける理由

2017/04/24 14:04


(出典:http://wwptalk.hatenablog.com/entry/2016/01/20/190109

 

みなさんは、子どもを連れたこの女性をご存知ですか?
こちらの女性は、イタリアのリチア・ロンズーリ議員です。2009年から欧州議会に選出された女性議員です。この写真はリチア議員が欧州議会に参加しているときの写真なのですが…なんと娘のヴィットリアちゃんを抱いています。日本ではなかなか見られない光景なので、違和感を覚える方も多いかもしれませんが、リチア議員は、議会に参加する際、いつもヴィットリアちゃんを連れているんです。


子連れ出席に対する世間の反応は

リチア議員のこの子連れ出席に、世間はどのような反応を示したのでしょうか?
子連れ出席がたびたびメディアで取り上げられるようになった当初、世間からは厳しい意見が相次ぎ、物議をかもしました。「議会は子どもを連れてくるような場所じゃない」「不謹慎だ」など厳しく批判する意見も少なくありませんでした。
このような批判的な意見で物議をかもしたことで、この話題に火がつき、国内だけでなくアメリカやアジア諸国でも取り上げられるようになりました。
一方で、リチア議員と同じ立場のワーキングマザーたちからは圧倒的な支持を得るようになりました。世間の反応に負けず、仕事と育児を両立するたくましい象徴的な存在になったのでしょう。

 

子連れ出席をしようと思ったきっかけとは


(出典:https://feely.jp/32273/

そもそも、リチア議員はどういったきっかけで子連れ出席をするようになったのでしょう。
それは案外単純で、雇用と社会問題を扱うセクションで副委員長として活躍されていたリチア議員ですが、「生まれたばかりの子どもを家に残して仕事に行きたくなかったから」なのだそう。これは母親なら誰でも抱く感情ですよね。
イタリアではベビーシッターが少ない、というわけでもなく、むしろ子どもに対して手厚い政策を設けています。それではなぜ、子どもが成長してもなお、子連れ出席を続けたのでしょうか?

 

子連れ出席を続ける理由は「メディアの反応」

子連れ出席を始めた当初、厳しい批判を受け、それが物議をかもしたとき、メディアの取材の数が激増したんだそうです。
イタリアは、子どもをとても大切にする国です。少なくとも小学校卒業までは親は子どもの学校の送り迎えをすることが義務付けられていますし、14歳までの子どもを放置すると刑法で罰せられます。ですから、両親が仕事に行っている間、家で一人でお留守番、なんてこともできません。こういった文化は素晴らしいものですが、働く女性が仕事と育児の板挟みになってしまうこともしばしばあります。これまでそういった状況に置かれた女性に対してメディアは無関心でした。
しかし、リチア議員が子連れ出席を始めたことがきっかけで、国内だけにとどまらず、諸外国でもこの話題が取り上げられたのです。つまり、リチア議員が子連れ出席を続ける理由は働く女性の権利や労働環境について議論するきっかけをつくるためでもあったのです。

日本でも、徐々に働く女性の育児を支援する取り組みを行う企業が増えてきていますが、制度が未だに形式的なものにとどまっており、まだまだ男性社員に理解を得られない、という場合も多いかと思います。リチア議員の事例から、働く女性が育児をしやすい社会になるには、まず「無関心」という状況を変える必要がある、ということが分かりますね。

田畑 結生

女性議員比率1位の国ルワンダ 女性が社会で活躍できる理由とそこから見えてくるもの

2017/03/27 15:06

 

女性議員比率1位の国が、北欧諸国でも、西欧諸国でもなく、アフリカ大陸の国なのはご存知ですか?なんとそれは、アフリカ大陸中部に位置するルワンダという国です。2016年の内閣府男女共同参画局のデータによると、ルワンダの国会議員全体における女性議員の割合はなんと57.5%。議員全体の半分以上が女性なのです。
世界経済フォーラムが毎年公表している世界男女平等ランキングでもルワンダは、アイスランド、フィンランド、ノルウェー、スウェーデンに続いて第5位と、かなり高水準です。なぜルワンダという国は、世界中の発展途上国の中でずば抜けてトップで、先進国を凌ぐほどの男女平等社会を実現できているのでしょうか?そしてそこから見えてくるものとは何でしょう。

ジェノサイドを乗り越えて「ルワンダの奇跡」を成し遂げた女性たち

ルワンダは1994年に「ルワンダ虐殺」を経験しました。これは1994年にルワンダ国内で発生したジェノサイドで、100日間で当時の総人口約730万人中、80~100万人が亡くなったとされています。亡くなったのはほぼ男性だったため、それまで男尊女卑の風潮が強く、男性中心の社会だったルワンダ国内は、大打撃を受けました。その中で立ち上がったのが、残された女性たちです。伝統的に男性が担ってきた職業に、女性がどんどん進出していきました。
現在、ルワンダの経済成長はめざましく、夜に女性が外を歩いても平気なくらい治安が整備されています。これはアフリカ諸国の中ではかなり珍しいことです。この目覚ましい成長は「ルワンダの奇跡」とも呼ばれています。ルワンダ虐殺で大きなダメージを受け、窮地に陥った国内の政治・経済は、めざましい女性の活躍によって回復していったのです。

いち早く取り入れられた「クオータ制」

世界中で取り入れる国が増加していて、日本でも導入を推進する意見が出ている「クオータ制」をいち早く取り入れたのもルワンダです。
クオータ制とは、政治における男女平等を実現するために、議員・閣僚などの一定数を女性に割り当てる制度のことです。発祥地のノルウェーでは、企業の役員数にもこのクオータ制を取り入れたことがきっかけで、女性が活躍できる社会に大きく変化しました。
ルワンダでは、最初こそジェノサイド後の男性人口減少にともなう苦肉の策としてクオータ制が取り入れられましたが、時が経つに連れて、女性が社会で活躍する風潮が、政界・企業の役員層だけでなく、教育も含めた社会全体に広まったのです。

見えてくるのは「窮地に追い込まれたときの女性の強さ」

ルワンダ虐殺が発生し、クオータ制が導入される前まで、ルワンダではごく一部の女性しか学校に行くことができませんでした。当初は大半の女性が基礎的な学力さえも身につけられていない、という状況だったのです。そこから、国内が窮地に追い込まれたことをきっかけに、女性が立ち上がり、国家を立て直し、経済成長までもたらしたのです。現在ルワンダでは、仕事において女性が性別による差別を感じない社会づくりがかなり進んでおり、世界的に見ても珍しい女性パイロットも輩出しています。
ルワンダの男女平等社会の背景を見ると、単なる「制度の影響」だけではなく、「女性の忍耐強さ」や「女性の底力の強さ」が道を切り開くということを感じることができますね。

田畑 結生

中国のキャリア女性には「レンタル彼氏」が人気!?

2017/02/27 13:39

近頃の中国の経済発展はめざましく、それと同時に「男女平等」の風潮も急速に根付いています。国際労働機関(ILO)が2015年に発表した女性管理職比率ランキングでは、96位の日本(11.1%)を上回り、中国は85位(16.8%)でした。また、フォーブズ誌が2015年に発表した「世界でもっとも権力のある女性100人」に日本がひとりもランクインしていない一方で、中国からは5人もランクインしています。

企業と親族の板挟みに苦しむ中国のキャリア女性

その一方で問題となっているのが、キャリア女性のための産休・育休制度の整備が不十分だということです。
中国の労働法では、産休の最低日数が厳格に決められており、それに加えて、高齢出産の場合は通常より長く産休をとることが法的に認められています。一見整った制度のように感じられますが、復帰後の女性のキャリアについてはなにも触れられていません。あくまでも人口維持のための制度で、仕事を続けたい女性のための制度とはいえません。中国の多くの企業では、長期の産休を終えて復帰した女性のポストが奪われていたり、昇進がしづらくなってしまったりと、産休に対する理解がないのが現状なのです。
「結婚・出産して、法的に認められた長期の産休をとりたいが、自分の今のポストを失いたくないし、キャリアアップも諦めたくない」
そんな悩める中国のキャリア女性をさらに追い込むのが、祖父母と両親からのプレッシャーです。
中国では、子どもの結婚に対して祖父母や両親が干渉することが多く、「結婚適齢期のあなたが結婚しないのはおかしい」「近所であなた結婚しないことが噂になっている」とプレッシャーをかけてくる、ということがよくあるのだそうです。
「今はまずキャリアを築きたい、結婚出産のことは落ち着いたら考えたい」という考えとは裏腹に祖父母・両親はプレッシャーをかけてくる、という板挟みの状態にある中国のキャリア女性はとても多いのです。

日本とはまるで違う「レンタル彼氏」の利用方法

そんなキャリア女性に今、大人気なのがなんと「レンタル彼氏」です。
日本でも「レンタル彼氏」というサービスがあります。好みのタイプの男性を指名し、1日デートができる、というものです。日本では「好みのタイプの男性と恋人気分になれる」という目的でこのサービスを利用する女性が多いようですが、中国では全く違います。結婚・出産のことはまだ考えていない女性の祖父母・両親を安心させるためのサービスなのです。

レンタル彼氏を家族の集まりに連れていったり、時には結婚式の新郎役を演じて親族を安心させることも。人気の男性だと100人以上から依頼が届き、高額なギャラで雇われて、彼氏役を演じるそうです。

「男性や周りの人に頼らない」中国人女性の国民性

レンタル彼氏を利用することで、キャリアの構築、そして将来的には本当の結婚・出産が叶えられればいい話、という考え方が中国のキャリア女性の中では広まっているようですが、日本ではあまり想像できませんよね。
そもそも、中国の女性と日本の女性は価値観が全く違います。
中国には「天の半分は女性が支える」ということわざがあるくらい、家庭においても職場においても女性が権力を掌握しています。男性よりも女性の方が地位の高い企業がたくさんありますし、一部の地域では大学進学率も女性が男性を上回っています。

このようになったのは、もともとの国民性と「一人っ子政策」の影響です。中国人は、都市部と農村部の生活レベルの差や、富裕層と貧困層の経済的な差など、自分のランクを気にする、競争意識の強い国民性です。女性は特にその意識が強いです。また、なにかに依存する、頼るといった考え方があまりなく、「男性や周りの人に頼らず、自分が欲しいものは自分で手に入れる」という考え方が強いです。それに加え、一人っ子政策の影響で、女性が今まで育児に費やしてきたエネルギーを仕事に費やすようになった、ということもあり、今や中国のキャリア女性の活躍はめざましいものになっているのです。

何かに頼ったりせず、欲しいものは自分で手に入れるという気迫に満ちた中国の女性の国民性と、不十分な法整備、企業の結婚・出産に対する理解不足が相まって、「レンタル彼氏」という一見ユニークなサービスの流行をつくり出しているのです。

子育てしながら管理職をこなすフランスのキャリアウーマン

2017/01/31 06:00

フランスの女性の就業率は85%です。フランスの女性は「稼ぐ」という意識が明確であり、今のように子育て支援が整う前は、「女性は子供を産むことより、仕事を選ぶ」という現実がありました。そのため、出生率が1994年には戦後最低の1.66に下がりましたが、政府による子育て制度の見直しで、2010年には2.00を超え「子供が産める国・育てられる国」になりました。女性がキャリアを継続することの日本女性とフランス女性の大きな違いは、子育て支援制度ではありません。仕事を決して諦めないという仕事に対しての考え方が大きく影響しています。

どちらも妥協しない!子育てしながらしなやかな働き方を実現する女性たち


就業率が上がっている一方で、子供の数が増えると離職せざるを得ない状況のため、フランスでは少子化が加速していきました。女性が働きながら子供を持つのは大変なことです。キャリアを継続することが当たり前であるフランスでは、母親だけを支援するのではなく、父親支援も整い、さらには社会全体の支援制度も整っています。

フランスの学校では、水曜日の授業が午前中で終わるため、子どもは土日の他に水曜日の午後も家にいることになります。それに合わせて、子育てをする女性のための週4日勤務という働き方が一般的になっています。これは日本でいうパートタイム労働とは違います!

仕事に対する意識が高く、責任がある仕事を任せられるため、週4日勤務で管理職としての勤務を選択することができるのです。

仕事に対するモチベーションが変わらず、キャリアへの意識が高いため、フランスではこのようなしなやかな働き方が世間的にも認められています。女性の仕事に対する意識の高さが、子育てとの両立を可能にしているのでしょう。

子育てを楽しむ「フランス式子育て」



最近日本でも「フランス式子育て」が話題になっていて、それに関する書籍も多数出版されています。フランス式子育てが今日本で話題になっているのは、フランス人と日本人の根本的な子育てに対する考え方が大きく違う、ということが原因としてあげられます。日本女性は仕事と家庭とを天秤にかけますが、フランスの女性は、1人の人間として、仕事が一番重要な核となっており、子育ての経験を、仕事に活かす原動力としてのエネルギーであると捉えています。自分の幸せを追求した時に、子育てがプラスになるという考え方です。

フランス人の母親に「なぜ子どもがほしいと思ったのか」という質問をすると、必ずといっていいほど「子育てが楽しそうだから」と答えるそうです。日本でももちろん子育てを楽しむ女性は多いですし、実際に子育てはとても楽しいものです。しかし日本ではそれと同じくらい「子育ては大変なこと」というイメージが強いですよね。一方でフランスでは「子育てとは楽しいものだ」というイメージが確立されています。そこがフランス人と日本人の子育てに対する考え方の根本的な違いなのではないでしょうか。

フランスには約7割の男性が育児休暇をとったり、無痛分娩が全額保険でまかなわれたりと、制度的にも女性が出産・子育てしやすい環境が整っています。しかし、それ以上に、女性の自立意識がとても高いのです。キャリアを追求して、子育ても楽しみながらこなすという意識が当たり前にあるからこそ、制度がいきてくるのですね。

 

このページの先頭へ