ACCJジャーナル2017年8月号に掲載されました

代表 日月真紀子

在日米国商工会議所(ACCJ)が出版する、The Journal第54巻 第8号(2017年8月発行)の、『ACCJリーダー』というコーナーの”Managers Knows Best: Why you should abandon existing screening standards” に、弊社代表 日月(たちもり)についての記事が掲載されました。

記事内では、日本のExisting Mid-Career Recruiting Standards(EMCRS)、つまり『既存の中途採用スタンダード』が、能力の高い社員を確保するための壁になっているということを日月が述べています。このスタンダードの問題点は、まず年齢、性別、経験の有無といった一面的な情報で能力の高い人を最初から除外しまっている点です。良い人財の確保に成功している企業はこのような基準にとらわれず(つまりEMCRSにとらわれず)、目的意識ややる気を注視して判断するのです。

もう一つ重要なのは、最初のスクリーニングを人事ではなく企業のトップ層が行うことです。これは、トップが本当に必要な人財の素質についての理解があるからです。また、実際にその人財を必要としている人以外の人がスクリーニングを行ってしまうと(例:人事)、自分の将来の昇進をじゃまされないように、わざと優秀な人を落とすようにする等の事が起こることもあるのです。

EMCRSを改善すること―これが、”untapped potential”を掘り起こす近道なのです。

* * *

実際の掲載ページはこちら(PDF)からご覧になれます。

—————————————
日月への講演・取材のご依頼は、女性管理職・役員・取締役、年収800万以上の転職サイト◆株式会社ハーモニー人財◆の以下リンクからお願いいたします。
講演依頼フォーム:http://www.harmonyresidence.co.jp/offer.php
取材依頼フォーム:http://www.harmonyresidence.co.jp/coverage.php

企業様お問い合せはこちら
代表 日月真紀子
この記事の執筆者

代表 日月真紀子

ハーモニー人財の代表のたちもり(日月)真紀子です。女性管理職専門の人材紹介業を開始して早やくも11年目になります。日本の女性活躍推進状況は、世代も変化するにつれて少しずつ改善していることを嬉しく思います。ただ、Gender Equality指数では日本は世界で114位。日本の女性管理職が30%になるまで、まだまだすることが沢山あります。経営者の意識が変われば組織は変わります。経営者にお役に立つ女性管理職情報を今後も発信し続けます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:メディア掲載|

▲pagetop

このページの先頭へ