優秀な女性管理職、女性役員・女性取締役をお探しの企業様へ

弊社は2007年より、【女性管理職・女性リーダー】人材紹介に特化して
日系・外資系の上場企業、中小企業へ、人財紹介サービスを提供しております。

【多くの企業の悩み】
1) 社内に、管理職・役員・取締役として登用できる女性人財が不足している。
2) 社内では優秀な女性人財育成が間に合わず、外部からの採用が必要である。
3) 適任の女性管理職候補者がどこにいるのか、分からない。
4) 経験値がないので、どのような女性が管理職として相応しいか分からない。
5) 女性を管理職として外部採用してはみたが、社内風土にうまく定着できず、失敗におわった。

弊社では、女性管理職・女性リーダー中途採用のパイオニアとして、以上のようなお悩み解決のお手伝いを10年前より継続しております。

【女性管理職が増えない3つの根本原因】
過去10年にさかのぼる企業へのヒアリング結果から、女性管理職・役員・取締役が増えない理由として、以下の3つの原因が判明しました。

たとえ、数値目標を掲げ、ダイバーシティ推進室を設け、経営トップのコミットメントもあり、充実した両立支援策の制度を構築したところで、下記の3つの原因が存在するならば、何年経っても、貴社の女性管理職は増えません。

1) 中途採用担当者(人事部長、リクルーター)の人事評価に、【女性管理職採用率】が査定項目として入っていない場合。
=>多くの人事担当者は、中途採用ニーズを充足することが最優先になっていて、いかに迅速に適任者を充足できるかが、担当者の評価基準になっています。
このような状況では必然的に、人事担当者は応募者が多い男性候補者から優先的に採用していきます。加点評価が得られないので、その担当者が敢えて女性を採用することはありません。貴社が本気で、社内の女性管理職比率向上を目指すのならば、人事採用担当者の評価に【女性管理職採用比率】を加える必要があります。

2)現場の採用決定権者の人事評価に【女性管理職採用率】が査定項目として入っていない場合。
=帝国データバンクがまとめた2016年8月の「女性登用に対する企業の意識調査」によると、調査対象企業の管理職に占める女性比率は平均6.6%で、管理職男女比率から見てのとおり、日本企業の多くの現場採用決定者(管理職)は男性であります。このような男性の現場採用決定権者の多くは、「女性を管理職として採用した前例がない。」「現場で女性管理職が活躍した姿を見たことがない」という前例に頼る例が多く、女性管理職採用に躊躇しています。この根強い不安を払拭するためには、敢えて女性を採用するという積極的な行動を選択した現場の採用決定権者へのプラスの評価が必要になります。貴社が本気で女性管理職比率向上を目指すのなら、現場の採用決定権者に対する人事評価に【女性管理職採用比率】を加える必要があります。

3)女性管理職を面談する担当者が、男性の場合
=>これも、経営トップ層がしっかりと認識する必要のある、女性管理職比率が向上しない重大原因の1つです。女性管理職候補者を面談する管理職の男性担当者は、将来の役員ポストを失うことを恐れて、自分より優秀な女性が候補者として現れると、採用を見送ることが多々あります。語学が堪能で実務スキルも高い、非常に優秀な女性管理職を採用すれば、つまり、自分の利益のために、企業の利益を犠牲にした行動を、時には無意識でとってしまうことがあります。このようなことを避けるためには、女性管理職の採用面談の際に、男性ではなく女性の管理職の方担当を御願いする必要があります。

【女性管理職を本気で増やしたい企業に推薦する施策】
1) 人事採用担当者の人事評価項目に【女性管理職採用比率】を加える。
2) 現場の採用決定権者の人事評価項目に【女性管理職採用比率】を加える。
3) 女性管理職採用の面談には、現職の女性管理職が面談を担当する。

日本企業の多くは、過去10年間、制度構築、意識改革研修、ダイバーシテイ推進施策など、数多くの努力を続けてきています。しかし、女性管理職比率は依然として世界最下位レベルです(参考:2016年ジェンダー・ギャップ指数 144カ国中111位)。本気で女性管理職比率向上に取り組む覚悟のある企業は、上記の施策を実践することで、優秀な女性管理職を採用することができます。

弊社人財紹介サービスの特徴は以下のとおりです。
1) 会社訪問、担当者からのヒアリング等十分な時間をかけて、正確な現状把握 女性管理職が定着しない理由の分析、また、貴社にあった女性管理職・女性リーダー人財把握
2) 社内組織構成の状況把握
3) 女性管理職が育成されない根本原因の状況把握
4) 求人条件を貴社と一緒に見直し、適確な求人条件へと修正する。
5) 当社登録者、新規登録者から、人財の選抜、弊社で一次面談
6) 貴社のご要望に沿う人財のご紹介
※ 国内および海外人財両方の人財紹介が可能。
※ 成功報酬方式の人財紹介、またはリテーナー形式での人財サーチの人財紹介の双方対応可能。

以下が、弊社でご紹介し採用された、女性管理職・女性リーダー候補者の一部の例です。
全職種、全業界の女性管理職のご紹介が可能です。

総務部長 46才 中小 サービス業
グローバル人事部長 50才 一部上場企業 製造業
営業サポート部門チームリーダー 35才 中小 電力サービス業
法務部長 39才 外資 メーカー
マーケテイング部長 41才 中小 小売業
PR 営業部長 49才 外資 広告代理店
財務・経理部長 48才 一部上場
営業チームリーダー 35才 中小 IT企業
コールセンター長 49才 上場 コールセンター
リフォーム コーデイネーター長 45才 中小 不動産業
国際営業部長 44才 中小 精密機械
外資 サービス業 45才 外資 サービス業

優秀な【女性管理職・女性役員候補・女性リーダー】の人財のご相談は、どのような事でも、お気軽に弊社にご相談ください。

HP掲載用求人票ダウンロード

お問い合わせはこちら

株式会社 ハーモニーレジデンス

このページの先頭へ