中小企業で優秀なグローバル人材の女性リーダーを採用する方法

インターン 遠藤愛佳

中小企業もグローバル人材が必要

人やモノが国境を越えて飛び交う現代。
市場のグローバル化が進み、多くの日本企業が世界展開を進めています。

海外での事業展開や、海外企業との取引はもはや大企業だけの話ではありません。
国内市場だけでは大幅な売り上げの増加が見込めないと考えられているのです。
また、海外拠点を持つことによるコストの削減も大きなメリットです。

一方、日本国内においても、グローバル化は大きな課題です。
増加する外国人に向けたサービスの必要性が高まっているのです。

どんな業種でも、国内の取引だけでは完結できず、日常的にもグローバルな交流は必須のものとなっています。
そこで、大企業だけではなく、中小企業でも優秀な「グローバル人材」が求められているのです。

グローバル人材に必要な条件

株式会社日本レーザーの近藤宣之社長は、グローバル人材に必要な4つの条件をあげています。

1.英語によるコミュニケーション能力があること(TOEICなどのスコアだけでなく会話力が必要)
2.自分の意見を持ち、自己主張できる
3.異なった価値観や文化に敬意を持つ
4.日本の歴史、文化、ビジネスについて外国人に伝えることができる

この条件を見てどう考えたでしょうか。
ただ語学が堪能なだけでは、グローバル人材とは呼べないことが分かります。
いずれもグローバル人材としては、非常に基本的な条件だと思いますが、海外展開を考える企業には、そのプロジェクトを牽引していく能力があるリーダーが必要です。
あなたの企業の社員には、そのような資質をもつ人材がいるでしょうか。

優秀なグローバルリーダーを確保するには

優秀なグローバル人材は、大企業で活躍していることが多く、採用が非常に難しいですし、男性だけの活用では限界があります。

また、0からグローバル人材を育成するのには、時間と費用がかかります。
社員が成長するのをただ待っていては、グローバル化の波に取り残されてしまいます。

では、どのようにしてグローバルリーダーを確保すればよいのでしょうか。

弊社が提案しているのは、現在すでに活躍中の女性をヘッドハントするという方法です。

コンサルタントもバイリンガルであることから、ただ「英語が話せる」ということだけでなく、ビジネスに精通した真のグローバル人材であるかどうか見極めることができます。

また、すでに活躍している女性を採用することもポイントです。優秀でも、大企業では昇進しづらいと感じている女性は多く、宝の宝庫であるといえます。グローバルな施策を考える企業にとって、男女問わず即戦力となるリーダーが必要不可欠なのです。

さらに、そのようなクローバルな資質を持つ女性リーダーの存在は、社内に新しい風を取り込むことにもなります。男性・女性社員どちらにとってもよい刺激を与えられるのです。

グローバル化はもう新しい話ではありません。よりグローバルな視点、またそれを持つ人材なしには企業の成長はあり得ません。
優秀なグローバル人材である女性リーダーという風を取り入れてみませんか。

遠藤 愛佳 

企業様お問い合せはこちら
インターン 遠藤愛佳
この記事の執筆者

インターン 遠藤愛佳

現在大学3年生で、ハーモニー人財でインターンシップをしております、遠藤愛佳です。男女の格差に関して興味があり、大学で勉強した文化的な面からだけではなく、ビジネスの面からもその問題を考えたいと、このインターンを決めました。また、人材系の仕事にも興味があるので様々なことを吸収していきたいと考えております。私は、「大所高所に立つ」ことをモットーにしています。このインターンシップでも、広い視野から物事を考え、様々な面から皆様に貢献できればと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ