企業は積極的に優秀な女性活用が必要

インターン 三橋咲那子


日本では人口減少による将来的な人材不足が懸念されています。総務省統計局の調査によると、現在正規社員の7割は男性です。これまで労働可能期間が短いとされていた女性社員に割り当てられがちだった社内の雑用は、テクノロジーの進化と共にどんどんアウトソーシングが可能になります。つまり優秀な女性社員を積極的に活用することが、企業にとって今後の人材不足問題を突破するカギとなるのです。女性が労働力の中心へとシフトする時代に合わせて、企業にも女性が活躍しやすい環境が求められています。

なぜ今女性管理職を採用すべきなのか

世界基準からみても日本の女性管理職率は低く、国内の企業では優秀な女性も自身の将来のキャリアに期待できない状況です。積極的に女性管理職を採用することは、既存社員や新入社員に女性が活躍できるというイメージを抱いてもらえるきっかけとなります。女性社員の活躍が必須となる時代へ向けて、いち早く環境を整える土台作りが必要となります。

厚生労働省委託の調査によれば、女性を上手に活用できている企業ほど業績も上がる傾向があります。つまり、女性管理職を増やすことは会社の直接的なメリットにも繋がるのです。

積極的に女性管理職を採用することは、変化の激しい社会で生き残っていく上で重要な条件といえるでしょう。

ハーモニー人財が出来ること

一から女性管理職を育てようと思うとそれなりの時間を要します。ハーモニー人財では、独自のコネクションを活かし既にキャリアがある即戦力となる女性候補をご紹介します。ヘッドハンティング制度により、企業側、候補者側ともに面談を重ね最適なマッチングを行います。ぜひ、私たちにお手伝いさせてください。

参考資料
総務省統計局「最近の正規・非正規雇用の特徴」
http://www.stat.go.jp/info/today/097.htm
みずほ情報総研「ホジティブ・アクションとセクシュアルハラスメント防止に関するアンケート」
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001wuf3-att/2r9852000001wugk.pdf

三橋咲那子

企業様お問い合せはこちら
インターン 三橋咲那子
この記事の執筆者

インターン 三橋咲那子

ハーモニー人財、インターン生の三橋咲那子です。現在は大学4年生で、ビジネスを専攻しています。海外留学を経て、女性キャリアが結婚や出産によって阻まれる日本の現状に疑問を持つようになりました。より多くの企業が、女性、男性の線引きが必要ないくらい、個人にとって生きやすい組織文化を持てるようになればと願っています。このブログでは、女性管理職に関して新たな視点を提供できるような情報発信に努めていきたいです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ