これからの日本企業の成長は女性役員が握る

インターン 遠藤愛佳

女性役員なしではビジネスが立ち行かなくなる!?

女性の社会進出・活躍推進により、日本でも女性管理職を登用する企業が増えています。ある調査によると、女性役員がより多い企業のほうが、そうでない企業より業績が高いといいます。大きな理由としては、①女性のリーダーとしての資質が今に時代にマッチしていること、②顧客ニーズの多様性に応えられること、の2点があります。

① 女性のリーダーとしての資質が今の時代にマッチ
 女性は組織を率いるリーダーとして適している、という研究結果があります。リーダーシップの資質のうち、女性は、組織の成果と部下の満足度を上げるという面で男性より優れているといいます。時代の変化と競争が激しい環境においては、社員が自主的に新しいビジネスやアイディアを見つけるよう促すコミュニケーション力が必要です。男性的な力強いリーダーシップだけではなく、組織をまとめる力が女性にはあるといえます。

② 顧客ニーズの多様性に応えることができる
 ダイバーシティを効果的に取り入れている企業では、社員の多様な意見や考えを利用し、力を強めています。今日、消費活動の約64パーセントは女性が握っているといいます。市場の動きや、トレンドにいち早く気づき、それに対応するビジネスを進めるには、男性だけではなく女性役員の働きが必要不可欠なのです。

ハーモニー人財が行うヘッドハンティングとは

優秀な女性役員の登用は、これからの企業成長のカギを握っています。お飾り役員としての女性ではなく、実際に経営者の右腕となる役員を選んでいかなくてはなりません。しかし、今いる女性社員をそのように育成するには、多くの時間を費やさなければなりませんし、また、それに対するロールモデルも必要です。ハーモニー人財では、そんなこれからの中堅、中小、ベンチャー企業に必要不可欠な優秀な女性人財獲得を、現在活躍中の方の中からヘッドハントするという形でサポートしています。

◆ヘッドハンティングで活躍中の女性を探す
 一つ目の大きな特徴は、ヘッドハンティングで実際に活躍している人財を獲得できるということです。これまでの人材紹介会社では、そこに登録した転職希望者の中から探すのに対し、弊社では現在活躍中の女性をターゲットとしているので、転職志望ではない潜在的な優秀な人財にもアプローチを行い、幅広く人財をサーチすることができます。

◆非公開式、丁寧な調査
 二つ目は、非公開式での調査であるということです。他社に公開されることなく、後継者や右腕となる人財をお探しできます。また、1人の担当者が受け持つのは数社であるので、一社一社丁寧に時間をかけてサーチすることができます。

◆求人条件を協働で決定する
 これまでは、依頼した企業が求人条件を決定し、固定したものをもとに紹介会社が人財探しをしていたため、サーチできる範囲が限られていました。ハーモニー人財では、企業と協働で条件を決定します。修正を重ねながらの決定で、より現実的に人財探しをすることができるのです。

未来の企業を担う女性役員をお探しの経営者の皆様にうってつけのサポートではないでしょうか。

【ハーモニー人財】
http://www.harmonyresidence.co.jp/
遠藤 愛佳

企業様お問い合せはこちら
インターン 遠藤愛佳
この記事の執筆者

インターン 遠藤愛佳

現在大学3年生で、ハーモニー人財でインターンシップをしております、遠藤愛佳です。男女の格差に関して興味があり、大学で勉強した文化的な面からだけではなく、ビジネスの面からもその問題を考えたいと、このインターンを決めました。また、人材系の仕事にも興味があるので様々なことを吸収していきたいと考えております。私は、「大所高所に立つ」ことをモットーにしています。このインターンシップでも、広い視野から物事を考え、様々な面から皆様に貢献できればと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ