「彼」ありきで自分のキャリアプランを練るリスクとは?


「もう心が離れてしまった、だから別れたいって言われた・・・」

実は、Aは彼のいる首都圏エリアへの転職プランを長い間暖めていたのです。ところがどっこい、切り出されたのは別れ話。

「あー、計画が狂った!」

ただでさえ辛い別れに加えて、彼に合わせて練っていたプランも台無しになる始末。

 

彼ありきでキャリアプランを考えると・・

この友人の話を聞いて私が改めて痛感したのは、(パートナーとしての)男性ありきでキャリアプランを考えることの脆弱性です。なぜなら、Aの身に起こったことを考えれば明らかなように、その男性がそのプランから抹消された途端にプラン全体がパーになってしまうからです。

Aは学生時代には複数のクラブを掛け持ちし、留学経験も2度あり、日本語の他に英語とスペイン語を話すトリリンガルで、かつ人望のある素晴らしい女性です。自分が将来どのような人や分野に貢献したいのかという人生の目標も若くしてすでに持っている志の高い人。まさに未来のキャリア女性ロールモデル人財候補です。

今回の問題は、彼と将来結婚して、家族を作って・・・という結婚・出産かつ彼のキャリアに伴う移動(彼は外国人ですからAが想定していたのはもちろん国際的な移動)を大前提に、Aが自分の目標を達成するためのキャリアプランを立ててしまったことなのです。

Aはまだ20代で若くキャリアプランに修正が効くので良いのですが、もし彼女が30代だったらどうでしょう。

「10年付き合って結婚も考えていた彼氏に別れを切り出された・・・。転職も、将来の大学院も、結婚資金の貯金も全部彼氏に合わせて考えてきたのに!」

このようにセカンドプランを考えずに彼との結婚ありきでキャリアプランを練ってしまうと、もしその彼との関係が終わってしまった時にはキャリアも含めて全てが台無しになってしまいます。

 

「私、この人と一緒になるからいいや!」の罠

そもそもどうしてこうなってしまうのでしょう?私が考えるには、主に二つの理由があります。

 

1.    彼氏が自分のプランに無理やり合わせるよう仕向けてくる

まず一つ目の理由は、彼氏が自分のキャリアプランを中心に考えて無理やり合わせるように仕向けてくることです。

「俺は将来〇〇がしたいから、お前は今やっている仕事を辞めて俺と一緒に来てほしい。」と言ってきたり、また、「私は将来〇〇がしたい」と自分のキャリアの希望を述べると、いきなり不機嫌になったりします。

このような自分勝手な男性にずるずるとプランを引きずられてしまうと、いつのまにか当初とは見当違いのキャリアプランを立ててしまうことになります。

 

2.彼氏のキャリアプランを第一に考えてしまう

1.のように男性が女性に強制するという訳ではなくとも、多くの女性が自然と男性のキャリアを第一に考えて自分のキャリアを犠牲にしてプランを立ててしまうのが第二の理由です。これは私の友人Aのタイプです。「彼は将来〇〇で仕事がしたいと言っているから、私はそこの近くで働けるように〇〇のスキルをつけよう」、「彼と結婚した後にこれをやって、その前にはあれをやろう」と、自分で彼ありきのキャリアプランを考えてしまったのです。

誰かと一緒に生きて行くのであれば、男女共々、自分の思った通り自由気ままにキャリアを考えるわけにはいきません。お互い譲歩しあって、自分がやりたかったことを延期したり、中止したりします(例:女性の仕事が都内なので、男性は一人で地方転勤など)。しかし、現実はというと、女性が男性に合わせてばかりのことが多いのです。

 

男性は自分のキャリア最優先

考えてみると、男性が「結婚したらこれをやって、結婚前はあれをやって・・・彼女はここで仕事をしたいと言っているから俺は〇〇会社に転職しよう」とはあまり言いません。これは、男性の多くが自分のキャリアを第一プライオリティーとして考えているからです。彼女のキャリアに合わせようだとか、結婚や出産を機にキャリアチェンジをしようだとか、そのようなことを考える男性は少数なのではないでしょうか。

ですから、男性はたとえ彼女と別れたとしても、キャリアとそのプランへの打撃が少なくて済むのです。

 

第二、第三プランを考える

今の日本では、女性であっても立派にキャリアを追求していける時代です。賃金格差や待遇格差、その他女性を阻む見えない壁は山ほどありますが、1プロフェッショナルとして生きていけるということで、結婚をしない人生を送る女性も増えています。

そのような時代ですから、「彼氏と結婚したら〇〇しなきゃ、〇〇までに結婚するには〜〜しなきゃ」というような、彼氏・結婚・出産ありきのキャリアプランを立てるのではなく、彼氏といつ別れてもすぐに方向修正をし、自信を持って立ち上がれるように自分のキャリアを考える必要があります。

それが、彼氏や彼氏とのいざこざ、別れ、また結婚後であれば離婚と言ったプライベートでの変化にキャリアを振り回されないで済む唯一の方法なのではないでしょうか。蓋を開けたら、「こんなはずじゃなかったのに・・・」とならないように、様々なライフチェンジに対応出来るキャリアプランを立てることが肝心です。

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ