飛び込んでみれば道が開ける


転職をするときに最も一般的になのは、転職エージェント(人材紹介会社)を通した転職だと思います。でも、転職エージェントを通して仕事を探そうとすると、自分のスキルや好みにあった仕事が探せなかったり、コンサルタントが自分を推薦してくれなかったりして、思うようにいかないことが多々ありますよね。

しかし、だからといって自分のやりたい職業への道が閉ざされたわけではありません。実際には、転職エージェントを使う以外にも、仕事を見つける方法はたくさんあります。以下に、その用法を載せていきます。

1. 友達・知り合いのネットワークを頼る

先日久しぶりに会った友人が、超がつくほど、ネットワーキング力に長けた人でした。その友人は転職ではなく、来年3月卒業の新卒採用だったのですが、聞いてびっくり、去年には超有名外資系金融会社から、年収1000万円で、その会社のトップ層の人から直接オファーをもらっていたのです。

この友人は、学校では特に成績が良いわけでもなかったのですが、とにかく人に会うのが大好きで、どんなに偉い人ともすぐ仲良くなってしまうという、ものすごいスキルの持ち主なのです。人を頼って会社のトップとどうにかして会って、気に入ってもらって、「君うちで働かない?」と言われたそうです。最初は年収800万でオファーをもらったのですが、オファーに応えるのを先延ばしにしていたら、「年収1000万ならくる?」と200万円年収アップになったそうです。

結局、この友人はなんとこのオファーを蹴って、別の外資系コンサル会社に就職することになったのですが、こちらも通常の新卒採用で採ってもらったのではないそうです。こちらでは、学生時代からずっとインターンをして、実力を認めてもらってのオファーだったそうです。

この出来事を聞くと、人のネットワーク、特に会社のトップに就いている人とのつながりが、いかに大切かということが分かりますね。

2. 飛び込みで一カ月ボランティアワークをして、実力を認めてもらう

これは、弊社代表の日月が実際に行ったそうです。夫の転勤について、ニューヨークに住んでいた時、日月は働きたいと思ったそうです。でも、駐在の妻としてのビザでは、アメリカでは就労できません。自分のスポンサーになってくれる会社を探して、そこで働かなければならなかったそうですが、外国人としてフルタイムの仕事を探すのは至難の業。アメリカ企業は、就労する際に手続きがややこしい外国人をわざわざ雇おうなんて、通常は思いません。

そこで日月が行ったのは、一カ月ボランティアで働かせてもらうこと。一カ月は無償労働となってしまいますが、その間に自分の実力やスキルを認めてもらって、一か月後にフルタイムで採用してもらおうと考えたそうです。

仕事一日目にはオフィスを与えられたものの、仕事を丁寧に教えてくれる人は皆無。日月はオフィスにあった書類を片っ端からすべて読んで、ものすごいスピードで仕事を覚え、社内のアメリカ人に実力を認めてもらったそうです。一か月後には、その会社が日月のスポンサーになって、フルタイムの仕事を見事ゲットしたそうです。

日本では考えられないような就活方法ですが、私の親友のアメリカ人に聞いたところ、数は少ないけれども、一定の割合でこのような飛び込みボランティアワーク就活をする人はいるそうです。

一生懸命になれば、自分でキャリアを切り開いて仕事を見つけることは可能なのですね!

3. ダイレクト・リクルーティングのサービスを使う

転職エージェントを使わないもう一つの転職方法は、「ダイレクト・リクルーティング」を行うサービスを使うこと。LinkedInやWantedly,がそれに分類できます。

転職エージェントが求職者と企業を仲介するのではなく、求職者と企業が直接コミュニケーションできる就活方法。それがダイレクトリクルーティングです。

新しい採用方法としては、ここに挙げた三つの方法の中では、一番ポピュラーなのではないでしょうか。

どの方法にもひつようなのは、あなたのやる気と積極性!
1~3の方法に必要なのは、やる気と積極性です。待ちの姿勢ではなく、自分でできることを探していく。このような精神性が、1~3の方法、全てに共通しています。

仕事がない、チャンスがない・・・などと、「ない」ことばかりに注目していても、いつまでも先に進むことはできません。

年齢や性別で仕事のチャンスがなかなか得られないと悩むキャリア女性は、もっと自分からブルドーザーのように進んでいくスタイルの転職方法をトライしてみてはどうですか。

熊谷 ひかり

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ