男言葉を使う能力は重要


「女の子なんだから、もっと丁寧な言葉を使いなさい」

「女の子なんだから、乱暴な言葉は使わないの!」

女性のみなさんなら、一度はこのようなことを言われた経験はあるのではないでしょうか。女の子は丁寧な言葉を使わなければいけない、使うべきだというのはよく言われることです。

しかし、なぜ女性は丁寧な言葉を使わなければいけないのか、なぜそもそも女性と男性に言葉遣いの違いがあるのか、ということはあまり問われません。また、女性が丁寧ではない、乱暴な言葉を使えないことで起こる弊害というのは、あまり知られていないのではないでしょうか。

今回のブログでは、女言葉と男言葉の違いに注目して、それが実際の生活にどのような影響があるのかを見ていきたいと思います。(ここでは、女性に一般的に期待されている言葉を女言葉、通常は男性にしか使うことが許されていない言葉を男言葉とします。)

■女言葉では怒り、命令、禁止などが直接的に表現できない

誰かに嫌なことをされたとき、女言葉と男言葉ではどのようにその嫌なことを止めるよう訴えられるでしょうか。

女言葉:「やめてよ。」
男言葉:「やめろ。」

誰かにあることをするように強く依頼する場合はどうでしょうか。

女言葉:「これをやって。」
男言葉:「これをやれ。」

強く怒りを表す場合はどうなるでしょうか。

女言葉:「ふざけないでよ。」
男言葉:「ふざけるな」「この野郎」

以上の例に見るように、女性の言葉だと、怒り、禁止、命令(依頼)などの表現が、男性の言葉ほど強く表現できません。ここで何が問題になるかというと、女性の言葉のみしか使うことを知らない人は、強く怒りや禁止、命令といったメッセージを他者に伝える必要があった場合にも、それができないということです。

■女言葉しか使えないと起こる問題

嫌なことは嫌だ、間違っていることは間違っていると、女性的な言葉だけでは伝わらない場合、男性的な強い口調を使わないといけないことがあります。しかし、男性的な(乱暴で直接的な)言葉を使うことを強く禁止されてきた女性は、往々にして、必要なときにもそれができません。

例えば痴漢といった犯罪にあったとき、「やめろ」といってその犯罪者を一蹴することができないのです。

犯罪までいかなくとも、働く女性には誰でも、業務の中で誰かに強く思いを伝える必要がある場面に遭遇することがあるのではないでしょうか。そのようなとき、女性的な言葉だけではなく、男性的な言葉も使える能力があるかないかで、結果として相手を動かせるか、もしくは止められるのかという点に関しては、違いが生じます。なぜなら、男言葉のほうが、直接的に強く物事を伝えられるからです。

■働く女性は幅広い語彙を持つ傾向にある

働く女性は、TPOによって、使う言葉をがらりと変えます。金曜夜の女子会で使う言葉と、子供の学校の保護者でお母さんたちの間で使う言葉と、仕事で男性社員を相手に使う言葉は違います。

働く女性は、関わる人の種類が幅広い分、使う言葉の種類も多くなります。実際に、働く女性は専業主婦よりも語彙が多く、女言葉から男言葉まで、幅広い運用能力があることが研究でわかっています。

■女の子・女性も、強い言葉を使う能力が必要

そこで、特に今女の子を育てている方に伝えたいのは、むやみやたらに汚い言葉、強い口調、男らしい言葉を禁止するのではなく、なぜそのような言葉を使っているのか、ということから考えていただきたいということです。また、そのような所謂男言葉を使える能力は、今後女の子が社会を渡っていくうえで、特に一人の稼ぎ手として働いていくうえで、重要なものとなるはずです。

女言葉と男言葉に優劣があるのでもなく、女性も男のようになるべきだ、と言っているのでもありません。社会に一定数で男言葉を使う人がいる以上、男言葉を使えない人は、弱い立場に置かれやすいのです。男言葉を使う人と、女言葉を使う人は、対等な立場でコミュニケーションをとることができません。ビジネスでいうと、対等に議論や交渉をすることができないということです。

これは、後輩が先輩に対して敬語を使わなければいけないがために起こる力関係と似ています。日本では、先輩・後輩同士が平等の立場で議論しあうということは難しいですよね。

自分の娘が汚い言葉を使っていたとしても、頭ごなしにそれを否定するのではなく、TPOをわきまえて、その時々にあった言葉を使わなければいけないということを教えてはどうでしょうか。女言葉しかつかえないと、その後その女性は弱い立場に置かれ続けざるをえません。

■最後に

女性のみなさんは、必要な時に男言葉を使えますか。もし使うときは、誰に対して、どの場面で、どのような思いを伝える時に使いますか。男言葉と女言葉の使い分けをうまくできるようになると、より的確に自分の思いを相手に伝えられます。

娘さんを育てている方は、もし汚い言葉を使っていたとしても、頭ごなしに女言葉を使わせようと強要しないでいただければと思います。娘さんは、どのような時に男言葉を使いますか。もし使用する時と場合が間違っている場合はそれを指摘してあげて、逆にどのような場合に男言葉(強い口調)を使うべきなのかを教えてあげてください。

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ