今30代のキャリア女性が求められています

30代はキャリアアップのチャンス

ライフイベントが重なる30代キャリア女性にとって、5年後、10年後のキャリア形成は重要な関心事です。M字カーブが示すように、30代は出産、育児で退職を選択する人がまだまだ多いのが現状です。女性の年齢階級別労働力率がこうしたM字カーブを描くのは日本独特の傾向で、初夏の先進国にはほとんど見られません。欧米諸国では、積極的な女性活用や柔軟な働き方の普及などで、女性が出産・育児を経ても継続して働けるための環境設備が進んでいるのです。
日本では改善されつつあるものの、依然としてM字カーブが残っており、仕事と出産・育児の両立はまだまだ容易ではありません。内閣府の調査報告書によると、第一子出産前後に離職する女性は正社員で5割もいるそうです。
一方で、企業の求人を見ると、30代キャリア女性の活用が進んでいるように思います。それこそ、5年後、10年後に女性のリーダー候補となる優秀な女性の活用を考えているようです。職種は、営業から管理業務の人事、総務、財務とあらゆる業務での求人が増加しています。女性活用を単に労働力確保という視点からだけでなく、重要な経営戦略として位置づけているということです。女性が管理職で活躍できるような企業は生産性が高いと証明されています。これからは、将来の管理職となるような優秀な女性に、キャリアアップのチャンスが沢山あるということです。

キャリア女性の目指すキャリア

30代女性はライフイベントが大きく影響しがちですが、男性は家庭と仕事を天秤にかけるという発想はありません。キャリアアップを目指す時に必要なことは、男性でも女性でも同じ仕事への覚悟であると思います。キャリア女性がその覚悟をもってキャリアップを目指す時、自分のキャリア像も明確になっていると思います。揺らがない覚悟があれば、年齢や、性別に関係なくチャンスは広がっていきます。
女性の積極的な採用を検討している企業は今後増えてきます。事務職よりも需要が多いのは、管理職候補としての採用です。なぜならば、女性の管理職が増えて、ロールモデルとなれば、もっと上を目指していこうとするキャリア女性が増え、女性の活躍推進に繋がるからです。覚悟があれば、30代キャリア女性はキャリアアップのチャンスです。やる気さえあれば、どんどん上をめざしていけるのです。
もし、今の職場で上を目指していけないのであれば、転職も視野に入れて、キャリアアップを目指しませんか。人材会社のコンサルタントは、そんなキャリアアップをめざしている30代キャリア女性に最新の企業の採用情報をお伝えすることができます。これからのキャリアについて一緒に考えていくなかで、自分自身でよりよいキャリアを詰めるよう方向性を示すことが出来ます。
もし、キャリアで悩んでいたら、決してキャリアを諦めず、前進し続けるために人材会社に頼ってもいいのではないでしょうか。
自分のキャリアを自分自身でキャリアアップさせるということが5年後、10年後の自分自身を輝かせるものになります。

渡邊 奈保子

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ