まだまだ男社会の営業職の中で、女性営業部長が求められています


営業職というと、やはりまだまだ男性がバリバリ活躍しているイメージがありますよね。やはり現実も同じで、営業職の現場は男性が圧倒的多数です。その中で、近年、女性営業部長が注目されています。就職エージェントに対して、「2015年、企業からの採用トピックとなるキーワードはどれになると思いますか?」というアンケートを実施したところ、「営業女子」が1位に輝きました。また、女性求職者の採用ニーズが加熱しそうな職種でも、「営業職」が最も高い結果となりました。(2014年 リブズキャリア 「2015年ハイキャリア女性の転職大予測」より)さらに最近では、女性営業部長がクローズアップされたテレビドラマも放映され、さらに注目度が増しています。

女性ならではの社交性を活かして、顧客の真のニーズをつかむ

女性営業部長が注目を浴びている理由は、ドラマでも描かれています。女性は、一般的に、男性と比べ、社交的で、細かな気配りが得意といわれています。そのため、顧客とコミュニケーションをとる中でうまく距離を縮めることができ、顧客自身も気づけていなかったような真のニーズを引き出すことができます。そして、「顧客のいいなりになる」「ただ言葉巧みに商材を売りつける」ということではない、顧客にとって満足度の高い取引ができるのです。
営業職は体力勝負で、昇進を意識しなければいけない時期に出産・育児などのライフイベントを迎える女性には不利であるといわれてきました。しかし現在、企業は、女性ならではの新たな視点で顧客のニーズを引き出し、営業手法を企画できる人材を求めているのです。

女性営業部長のイチオシ求人があります!

女性管理職・役員・取締役、年収800万以上の転職サイト【ハーモニーレジデンス】では、女性ならではの斬新なPR方法・営業手法を求めている企業の営業部長職の非公開求人をご用意しております。女性営業職・女性管理職のロールモデルを求めている企業です。あなたが今まで培ってきた経験・スキルを活かして、営業部長として活躍し、キャリアアップを目指す女性社員のお手本になりませんか?
【ハーモニーレジデンス】では、直接面談をした上で、あなたに合った転職サポートをしていきます。ぜひ、あなたもチャレンジしてみませんか。

田畑 結生

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ