時間は貴重な経営資源! 仕事の効率化がキャリアアップの秘訣

時間をマネジメントする

日本の労働時間の長さは有名ですが、そもそも時間というものの考え方が欧米とは違っているのではないでしょうか。日々、時間に追われる毎日で、その日の業務をやりこなすことで精一杯です。限られた時間の中で、たくさんある仕事を勝手に減らすことは出来ません。そうなると、仕事の効率化を進めていくしかありません。
経営資源は「人」「物」「金」が3大資源と言われていますが、「時間」も大事な資源であり、
時間を有効に使って如何に成果を出すのかが、重要になってきます。

ピーター・ドラッカーは成果をあげる人の条件として、こう述べています。
”成果をあげる者は仕事からスタートしない。時間からスタートする。計画からもスタートしない。時間が何に取られているかを明らかにすることからスタートする。”

具体的に「時間からスタートする」とは
1.やるべきことの一覧を作成する(タスクリストをつくる)
2.タスクリストにある仕事を、先々までにスケジュールに書き込んでいく
3.スケジュールが先に埋まってしまうと思うので、余った仕事は捨てるか、スケジュールに既に組み込まれた仕事と入れ替える

しかし、時間からスタートしても、思うように仕事で成果をあげることが難しいこともあります。それは、集中力が重要な鍵になってくるからです。集中力は限度があるので、一日に10時間以上のハードワークを行なっている場合は、全ての時間にわたって集中力を持続することは非常に難しいといえます。

時間のマネジメントとは、仕事の取捨選択、順番を吟味し、成果を出すということです。
時間は平等に24時間ありますが、短時間で成果を出せる人もいれば、そうでない人もいます。その差は、時間のマネジメント能力にあるということです。

時間をマネジメントしてプライベートを大事にする

忙しい日々を送っているキャリア女性は、プライベートも中途半端な状態になりがちです。ましてや、睡眠時間も充分に取れなくなっていしまいます。長時間労働は体力を消耗し、健康も維持ができなくなります。そうなる前に、短時間で効率よく仕事をこなす努力をして、仕事以外の時間も有効に使いましょう。仕事以外の趣味などの時間は、気持ちを切り替えるためにもとっても大切です。10年、20年、30年と長くキャリアを築いていくためにも時間のマネジメント力を身につけ、人生を楽しみましょう。

渡邊 奈保子

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ