デジタルマーケティングで年収800万以上の求人が急増!

デジタルマーケティング業界は売り手市場

デジタルマーケティング業界は圧倒的に売り手市場です。デジタルマーケティングを積極的に推進しているのは、従来の事業会社に限りません。Webを中核とした事業会社、広告・PR会社、Web制作会社、コンサルティングファームなど、さまざまなプレイヤーが必要です。そのため、人材は慢性的に不足なのです。また、新しい分野のため、データやデジタルに明るい実務経験者が少ないことも慢性的な人材不足の原因となっています。ハーモニーレジデンスは年収800万以上の女性管理職求人を多数扱っていますが、通信業界、保険業界、ECサイトなど業界は様々で、年収も2000万クラスの求人もあります。どのようなポジションがあるかというと、

①Webサイト構築業務 ②Webサイト集客業務 ③CRM業務 ④データー分析業務 ⑤①~④全体に関わる統括業務 になります。

ハイクラス求人は、⑤マーケ全体の統括業務が多くなりますが、マーケの経験以外に、営業経験があると非常にキャリアアップのチャンスが多くなります。営業経験があると売り方を知っていますので、セールスチームへ質の良いリードを渡すことができるからです。

デジタルマーケティング職で女性管理職として転職を成功させるためには

今の時代のマーケターに求められるスキルは、時代の流れと共に、昔と変わってきています。マーケティング職は女性に人気の職種で、携わっているキャリア女性が多いですが、現在どのようなスキルが求められるのかというと、まずは基本的なソーシャルマーケティングの知識です。時代の先端を追い、今やっておくべきマーケティングを臨機応変に取り入れ、そのために必要なスキルを身につけていくことは、女性管理職として転職を成功させるために必要です。次に必要なスキルはデータ解析力です。ビッグデータ時代と呼ばれる今、マーケティング活動において、データを解析することは当たり前になっています。そのため、データの取得だけで満足せず、マーケターにはそのデータが何を意味するのか明らかにし、問題点を改善をしていくスキルが求められます。その2つのスキルの他に、転職を成功させるための重要なポイントは、自分のやりたいことが明確で、どのくらい情報収集ができるかどうかによります。同じマーケの仕事でも、会社が違えばカルチャーも違います。また、日系企業か外資企業かでも、マネジメントスキルに違いがあり、女性管理職としてどのようにキャリアアップしたいのか、もう一度考える必要があります。女性管理職求人は沢山ありますが、その求人の中で、ぜひ自分の希望に合致した求人にチャレンジして、女性管理職として成功を掴んで欲しいと思います。

渡邊 奈保子

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ