キャリア女性が「働きやすい」と感じる真の意味は?

キャリア女性が職場に求める「働きやすさ」

キャリア女性は何を持って働きやすい職場と感じるのでしょうか。それは直接転職理由にも繋がり、人によって考え方が様々です。働きやすさ=福利厚生など、女性がキャリアを継続する上で、大いに関わってくる制度だと考えている人もいれば、性別に差別されずに、やりたい仕事にどんどんチャレンジできる環境だと考える人もいます。制度の充実が一番大切で、子供を持つ母親が、子育てに配慮した仕組みをフル活用して働いているとしたら、そのしわ寄せがきていると感じてしまう人がいるというのが今の日本の社会です。ある一部の人にとっては働きやすい制度かもしれませんが、他の人にとってはあまり嬉しくない制度というのは職場にとっても健全であると言えないのではないでしょうか。働き方も、ライフスタイルも多様化しており、働く目的も様々です。働きやすさの意味を考える時、制度ありきで考えていないでしょうか。例えば時短制度が整っている、休職制度が充実しているなど、自分の企業への貢献度はそこにはありません。これからの社会は、実力主義に変化し、個人の企業への貢献度が重視され、何が出来るのか、何を達成したのかが評価される時代になります。

「働きやすさ」から「活躍しやすさ」を求める時代へ

キャリアアップを望んでいるキャリア女性は、働きやすいけれどもキャリアアップできない、正当な評価がもらえないという理由で転職をします。このことは、制度の充実を図っても、女性管理職は増えることには直結していないことを意味します。2020年までに女性管理職比率を30%にするという目標からは程遠いのが今の現状です。女性活躍推進は、働きやすさのための制度を充実させるのではなく、活躍しやすい企業風土を整えることが必要です。女性一人ひとりが考える働きやすさの意味を奥深くまで探っていくと、実は活躍しやすいことを望んでいる女性が多いことがわかります。男性が作った社会で女性が活躍しやすい社会に変化させることは大変ですが、男性も女性も性別に関係なく働ける社会が健全であることは一目瞭然ではないでしょうか。

現在キャリアアップを目指して転職を希望しているキャリア女性の皆さん、人財紹介会社ハーモニーレジデンスには多数の女性管理職求人があります。皆さんの多数のエントリーをお待ちしております。

女性管理職・役員・取締役、年収800万以上の転職サイト
http://www.harmonyresidence.co.jp/

渡邊 奈保子

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ