キャリアアップの秘訣は業務の効率化

時間をマネジメントする

仕事で活躍するキャリア女性に共通すること。それは「時間の使い方が上手」という点です。
仕事もプライベートも充実させたいパワフルな女性たちだからこそ、時間に対する意識が高く、結果としてメリハリ上手なのかもしれません。長時間労働は、日本の悪しき週間で、仕事が出来る人とみなされません。「残業をしてまで頑張ることが美徳」という古い価値観はなくなり、これからは、生産性の高さで評価される時代です。時間に対する意識が高いキャリア女性こそ、キャリアアップの秘訣になってきます。

キャリア女性が行っている仕事効率化のための工夫

なかなか業務量が減らない中、キャリア女性はどのように効率化を工夫しているのでしょうか。キャリア女性の80%は「段取り」「システム(自動)化」「時間の有効活用」「周囲を巻き込む」「切り捨てる」などの工夫で「仕事の効率化」を図っています。
毎日大量に届くメールの処理ですが、一番効率よく処理したいものです。メールチェックのタイミングを決め、だらだらと新着チェックをしないことがポイントです。なぜなら、新着メールチェックは電話と同じで、仕事を中断することになるからです。もちろん、早急に返事をしなければならないメールは、臨機応変に対応すればよいのです。
メール以外の時間は、業務に集中してとりかかります。成果を挙げなければ、その時間は無駄な時間になってしまいます。時間は重要な資源であることを意識すれば、一分一秒も無駄にできません。いつも時間を意識して、業務時間を有効に使っていけば、業務スタイルが確率され、さらに業務のスピードアップが出来るでしょう。

「守・破・離」でスキルアップの効率化

仕事の効率化のポイントは時間のマネジメントだけではありません。
守破離という言葉をご存知でしょうか。日本の伝統芸能である能や茶道で古くから云われ、剣道をはじめとする武道の世界でとてもよく使われてきている言葉で、ビジネスの世界でも応用して使われます。
「守」とは、守ること。師匠の教えを守り、一から十まで師匠の真似をすることです。
上司や先輩の仕事のやり方を真似たり、教えてもらうことで、もっと自分のスキルをアップさせることができます。よいお手本はどんどん真似をして、自分のものにしてしまうことです。
「破」とは、破ること。身についたことを応用したり、他の人の良いところも取り入れたりすることです。人の真似をしたら次は、自分に合ったものを選択し、自分なりの解釈やアレンジをして、自分のものにしていくことです。
「離」とは、離れること。型にとらわれず、型から離れ、新しい境地を開くことです。
これまでの積み重ねでスキルアップすることではなく、一足飛びに別のものになること。
スキルアップにおいては、それはずばり、変身後の「できる自分」を演じることです。
失敗を恐れず、新しいことに取り組み、チャレンジすること。失敗から学ぶことが沢山あるのです。成長の可能性は無限大です。
どんどんチャレンジする事が自分の成長の近道となります。明日からと言わず、今から気持ちを切り替えて積極的に行動しましょう。

渡邊 奈保子

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ