20代、50代キャリア女性が管理職を目指す!

20代、50代女性のキャリアアップ志向

どの年代のキャリア女性がキャリアアップを望んでいるかというと、一番望んでいるのは20代女性、その次は50代女性であることが某リサーチ会社によって判明しました。
そして、20代女性の5年後のキャリア像は、より専門性を高め、ポジションアップをすることが1番で、その次は管理職としてのポジションアップです。

50代のキャリア女性は、バブルを経験している女性です。入社したときから多くの企業が事務職、一般職、総合職という職種分けをしており、ほとんどの女性が事務職、一般職を選んでいたと思います。その中でも、総合職として入社した女性がいますが、どれだけのキャリア女性が管理職としてキャリアップできているのでしょうか。ましてや、事務職、一般職には管理職になる道がなく、実力があっても男性と同じ土俵にすら上がらせてもらえない人が多くいるのです。

本当の実力がある人が求められる時代に

グローバル化が押し寄せ、労働人口が減少する社会では、本当の実力がある人財が、必要とされてきます。実力とは、どんな社会でも生きていける力だと思います。年齢や性別で差別することは本当に何の意味もありません。企業も、20代であろうが、50代であろうが、年齢や性別ではなく本当に実力がある人財を採用していくことが必要ではないでしょうか。

キャリア女性が活躍するために

キャリアアップを望むキャリア女性が、これから社会で活躍していくためには、自ら実力をつけるよう行動することも必要です。

ハーモニーレジデンスでは、そんな優秀な女性の転職をサポートしています。
非公開求人ばかりで、多くのキャリア女性が活躍している企業からの求人もご用意しているので、自分の実力を試したい!という意欲の強い方にはぴったりです。

そのような力をつけることがこれからの実力社会を生き抜くために必要なことであり、その実力さえあれば、年齢に関係なく、社会に必要とされるのです。

渡邊 奈保子

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ