国内企業での国際法務のニーズが高まる

法務関連の求人は多いですが、英語力を活かせる国際法務の求人となると、求められる英語力はビジネスレベルであるため、転職のハードルは高いですが、与えられるポジションや、報酬も高くなります。ところで、国際法務と外資系法務を混同される場合がありますが、国際法務は国内企業が海外へ進出するために必要な法務の知識であり、外資系法務は海外から日本に進出してきた外資系企業(いわゆる海外企業の日本法人)の法務知識になります。今、ハーモニーレジデンスでは東証一部上場の日系企業の海外法務求人がありますが、そこで必要とされる能力とは一体どのようなものなのでしょうか。

国際法務で求められる能力

国内市場が減退しつつあると言われている今、企業にとっては海外市場への積極的な進出がますます重要となってきています。国内企業が海外に進出するに際しては、国際的な活動を法的な面からサポートする国際法務に精通した法務スタッフが必要です。
海外に企業が進出する以上、進出先の国や地域の法律や商慣習を扱うことになります。国際法においては、慣習法が大きな役割を果たすなど、様々な点で国内法とは異なっています。また、国際法の背景にある国際情勢や、各国の歴史・文化に関する理解も重要となります。このような事情から、進出先の国で利用される言語がビジネスレベルで使用できると業務がスムーズに運びます。それに加えて、進出先の法律、商慣習、国際情勢、歴史、文化に精通していれば即戦力になりうるといえるでしょう。もっとも実務では、海外の法律すべてに精通することは不可能であり、現地の法律事務所を使うこともできますので、すべてに精通することまで求められるわけではありません。
上記のことから、国際法務で活躍しやすい人材の特徴としては、海外ロースクール留学経験や海外弁護士資格を持つ人材です。このような人材は、現地の言語、法律、慣習等を学んできているため、国際法務の現場で活躍しやすいといえます。

国際法務のニーズは高まる一方

M&Aを積極的に進める国内企業は多く、国内の企業はアジアに活路を見出そうとアジア進出を加速させています。このような経済活動から見ると、国際法務に対するニーズは高まると考えられます。法務部門でキャリア形成をお考えの方々は、上記のような状況を踏まえ、ご自身の目指すキャリアの方向性を決めたうえで、スキルアップや転職活動を行うことが必要になっていくでしょう。もし、法務でキャリアアップをお考えでしたら、一度ハーモニーレジデンスの無料転職サポートからぜひエントリーください。

女性管理職・役員・取締役、年収800万以上の転職サイト
http://www.harmonyresidence.co.jp/

渡邊 奈保子

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ