キャリア女性12の特徴(前編)

チームをまとめる「力」がある

いくら能力が優秀で、個人で仕事ができたとしても、企業ではだいたいの仕事は、プロジェクトなどチームごとに進行していくものが多いのが現実です。

プロジェクトチームとして仕事をスムーズに進行するためには、個々にチームプレーヤーとしての意識がないと成り立ちません。

キャリア女性はこのことをきちんと理解しており、チームの一員として仕事をスムーズに進めるために努力を惜しまないことが、評価につながり、キャリアアップをすることができると言われています。

 

女性であることを最大限に利用することができる

女性であることを、仕事でも最大限に利用しており、女性ならではの視点や特性を活かして業務をこなしていきます。

そのため、男性とは異なる発想・女性独特のアイデアなどを提案し、その効率的な仕事ぶりから高い評価を得ることができるようです。

キャリア女性は、仕事に対して男性と同じ、もしくはそれ以上の努力を惜しみません。

さらに、女性ならではの視点から意見や提案をすることができるため、男性とは違った付加価値を生み出すことができます。
さらに、女性特有の気配りや共感性などが役に立つことも多く、キャリア女性は

その女性ならではの気の遣い方などを、うまく仕事でも活かすことができると言われています。

とくに、商談やミーティングなどでその効果を発揮することができるため、評価につながり出世していく女性が多いようです。

 

コミュニケーション能力が高い

出世をするには、同性だけではなく異性や上司、後輩など様々な人とのコミュニケーションが必要となります。

そのため、出世する女性・キャリア女性は、すべての人に受け入れられやすいコミュニケーションの取り方を理解しており、誰とでも円滑なコミュニケーションを取るのが得意だと言われています。

また、男性性と女性性の両方をバランス良く兼ね備えている人が多いと言われています。

やはり、大きな組織のリーダーを務めるためには、「頼れるリーダー」としての男性的な面も必要だからです。

そして、キャリアウーマンは男性性と女性性の両方を持ち合わせているために、誰とでもうまくコミニュケーションを取ることができると言われています。

 

人脈を大切にする

男女ともに、普段から人脈を大切にする人は出世する人が多いと言われています。

キャリア女性もやはり人脈を大切にする人が多く、きちんとした関係を築いていくことにより得られる情報やチャンスが多くなり、その結果、出世をするということにつながっているようです。

人脈も社外や上司だけでなく、社内や同僚、部下などを日頃から大切にしきちんとした関係を築くことによって、人事などからの評価が高くなり、大きな任務などに抜擢されるというようなことにもつながっているようです。

 

自分の強みを最大に活かしている

人は誰でも得意なもの・強みを活かし伸ばす方が、自分の能力を効率的に上げることができます。

キャリア女性は早い段階で自分の強みをきちんと把握しており、それを意識的に伸ばしていく努力をしていると言われています。

勉強も仕事も同じで、不得意な分野を努力して伸ばしていくよりも、得意な分野を伸ばす努力をするほうが時間も労力もかからず、効率的だと言えます。

キャリア女性は、そのことをよく理解しているために、自分の強みを分析する努力も惜しみません。

そして、その自分の強みを全面的に押し出し成功へとつなげていくのです。

 

マネジメント能力が高い

自分のポジションが上がれば、それなりの組織を動かさなければいけないため、マネジメントに対しても努力を怠りません。

そのため、自分の立場だけでなく企業全体の利益や効率など、様々な角度から物事を見ることができ、企業にとって最適な方法を導き出すことができるのです。

このような視点などを持つことができるのも、キャリア女性の特徴だといえます。

また、仕事を必要以上に抱え込むことなどはせず、自分以外の人に業務を任せた方が良いと判断した際には、素早く仕事を手放すことができることもキャリア女性である人の特徴だといえます。

自分がその仕事をする「重要性」がなければ、他の人に気持ち良く仕事を頼むことができるという特技も持っており、そのような人を動かす能力もマネジメント能力の一部だといえるでしょう。

(後編へ続きます。)

 

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ