女性がキャリアチェンジを考える時に必要なこと

女性自身の価値観を一旦捨てる

キャリア女性がある程度年齢を重ねて転職を検討する際、経験がない職種への転職は、相当な覚悟がないと厳しいものになります。なるべく早めのキャリアチェンジが望ましいのですが、まったく不可能ではありません。その際、とても重要になってくるのが、今まで培ってきた多くのものを「捨てる」覚悟があるかどうかです。大きく職種変更をする場合には、それまで培ってきた大半のものを捨てて、再出発することになります。スキル面でも確実にキャリアダウンの転職となります。

さらに、女性自身の年齢的な問題などから決して楽な転職活動にならないことが推測されます。それでも転職をしたいのかをご自身で再検討してみましょう。例えば、これまでの職種では当たり前であったことが、全く通用しない場合もあります。それでも、柔軟に対応する力さえあれば、対応することが可能になってきます。自分の価値観を持ち込まず、「郷に入れば郷に従え」の諺通り、その今いる会社のやり方を学ぶという姿勢はとても大事です。一緒に働くメンバーが自分より年齢が若いケースも出てくるでしょう。そんなときこそ、一旦自分の価値観をよそに置いて、周囲を観察し、柔軟に対応する力が必要になってきます。

出来ることから始める

キャリア女性が真剣にキャリアチェンジを考えるのならば、出来ることから取り組んでいくことが重要です。まず、一番簡単な方法は社内での配属転換の希望を出すことでしょう。自分の所属している会社の業界自体が自分の志望とは一致していないかもしれませんが、それでも社内で配属を変えることで職種が変われば少しでも気持ちを満たせます。またそうして職種の経験を積むことで、今後の転職の幅が広がってきます。すぐにキャリアチェンジが難しいとしても、決して諦めない姿勢が大事です。例えば志望業界の志望職種は無理でも今の職種のまま志望業界に転職することが可能であれば、そこで修行して後に職種を変えることなども可能だからです。

また、女性のキャリアチェンジには、往々にして収入が下がるリスクが発生します。そのリスクを取る覚悟があるかどうかも重要になってきます。リスクを取らなければ、決して成功はありえませんので、本当にキャリアチェンジをしたいのか、なぜしたいのか、自分の本心に向き合うことが成功の第一歩になると思います。

渡邊 奈保子

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ