女性がキャリアアップを目指す際に考えるべきこと

何のために仕事をするのか

女性自身、自分のキャリアをどうするのか、どのようにステップアップしてけばよいのか、そして、キャリアアップを目指そうとする際に一つ考えることがあります。それは、「自分は何のために働くのか」ということです。人それぞれの働き方がありますが、その働き方のベースとなるものが働くことの意味になります。ある程度キャリアを積んでいる管理職女性は、殆どの人がその意味を把握しています。なぜならば、女性で管理職にまでキャリアを登りつめた人間は、決して平坦ではなかった道を努力して掴み取った管理職としてのポジションだからです。女性は男性よりも年齢やライフステージの変化で、仕事の価値観が変わっていきます。子供が生まれたら、仕事よりも家庭を優先したいと思う人、ある程度年齢を重ねたら、仕事のペースを緩やかにしていきたいと思う人など様々です。例えば、産休明けの育休を長めに取れる制度がある会社に転職できれば、もっと働きやすくなるかもしれないと考える方もいるかもしれません。会社の福利厚生は、社員のための制度であることは間違いありませんが、一人ひとりの要望を満たす制度はありません。「こんな働き方をしたい」と思ったところで、会社はその人のためにベストな環境を用意してくれるとは限らないのです。

会社は何のためにあるのか

会社は社員の生活を保障するためにあるのではありません。会社は利益を追求するためにあります。ですから、「こんな働き方をしたい」「自分は仕事を通じてこうなりたい」ということを考える前に、「会社の利益のために自分がどう機能すればよいのか、どのように貢献できるのか」と考える必要があるのです。会社は自分のためにあるのではありません。会社の組織の中で働く限りは、忘れてはいけないと思います。

自分がこの先、どのような人間になりたいのか、どのようにキャリアを積んでいけばよいのか迷ったときは、まず日々の仕事の中で、組織の中で今自分に何が求められているのかを理解することが重要です。理解できれば、その目的に向かって自ずと行動することができるでしょう。結果、企業の利益に貢献することができ、企業の組織にとって必要な人間になり、キャリアアップが可能になってきます。

女性自身、自分のキャリアに迷ったら、「何のために仕事をするのか」についてもう一度考えてみることが必要になります。

 

渡邊 奈保子

 

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ