女性管理職の抱える悩み(その2)

昨日更新した「女性管理職が抱える悩み」の続きです。今回は結婚・出産・育児にフォーカスを当てました。

 

育児できる環境を整える事

キャリア女性として働く上で、

・独身で仕事に邁進すべきか

・結婚して子供を産まずに働くのか

・それとも育児と仕事を両立と考えるのか

等、選択肢はいろいろあります。

現在、イクメンと呼ばれたパートナーが、育児や家事を協力的にしてもらえる場合もありますが、多くはやはり男性も社会で働いているので、女性へのしわ寄せがくることがまだまだ多いものです。

 

仕事と育児の両立

女性管理職が、出産や子育てでハンデを感じるという人は6割弱の高い数字です。

結婚というよりも出産が大きく壁になっているようです。

・子供を産むべきかどうか

・産んだら仕事と育児は両立できるかどうか

と悩んでいる人が多いのです。結婚、出産は人生を変えてしまうことになる大切なことなので、将来、未来のことをじっくり考えて、一歩進むことが大切であろうと思います。

結婚はいつでもいくつでもできるものですが、出産にはリミットがあります。

子供が欲しいと思っている人はそのチャンスも逃すことになりますので、サポート体制を万全にして考えてみてはどうでしょうか。

 

心のはけ口を作る

女性管理職だけではなく、男性管理職でも昇進すればするほど相談相手が少なくなり、孤独になります。

そのときは、下記の方法で相談相手を探すのもヒントの1つです。

 

・ 外部での女性管理職を対象にしたセミナーなどに参加する。

具体的に申し上げますと、グローバル研修といって、世界各国で活躍する女性のキャリアストーリーを紹介するプログラムや、女性管理職候補を選抜して、さらに上にいる女性たちも一つになって、キャリアについてのアドバイスをするというプログラムもあります。

 

・ネットワークを探す

女性管理職同士のつながりを深めるネットワークでは、同じ立場の女性たちが集まって、意見交換をし、相談できる環境をつくるということが始まっています。

定期的に集まってランチをしながら情報交換をしたり、考えるセッションが開催されています。

心の中に抱えていて、はけ口がなければ、心身が疲弊してしまいますし、よい結果は生まれません。

女性管理職となれば、横並び意識が強い女性、特に同僚だと妬まれることもあります。

また、男性には「女性はわからない」と突き放されたり、会社での立場が微妙な女性管理職も多いと思います。

そして、女性管理職は弱みを見せると

「部下になめられる」「しっかりしなくてはという気持ちばかり強くなる」「肩に力が入ってしまい、悪い方向に行ってしまう」

など、このような傾向があるのです。

相談相手がいると、「相談相手がいるんだ。」という安心にもつながり、多様な働き方を知れば、管理職としての心理的なハードルも低くなるのではないでしょうか。

 

働きづらい理由は感情的になりやすいから!?

企業においては、女性管理職を現在7%から50%に増やすといったところもありますが、

女性管理職は感情的になりやすいという報告も決して少なくはありません。

・好き嫌いがあり、周りがついていけない

・ヒステリックに対応し、その発言が職場の空気を悪くする

・男性社会の中で男性以上の働き方をしている

・女性の細やかな気配りが逆にしつこくなっている

アンケート結果では感情面を指摘した問題点が多くありました。

実績を出した優秀な人なので、責任感も強く、部下の細かい仕事も気になり、小さなミスも見逃さないので、自分が求めることができない人に対して許せなくなる傾向があります。

 

女性管理職症候群

女性管理職に特有の症例というものがあって、フィーメール・マネージャー症候群という

女性管理職症候群があるそうです。

二つに分かれるのですが、1つ目は管理職拒否症というもので、管理職に対する責任感で不安を増幅してしまうタイプです。

2つ目は、管理職依存症です。

これはまた更に2つに分かれています。
1つは過剰指示型で、部下に対する指示が過剰過ぎて孤立してしまうタイプ。

もう1つは過剰抑制型で、自分の感情を抑制してしまうので、考えすぎて健康を害してしまうタイプです。

このように、女性管理職として働くことで、感情的な部分に負担が掛かってしまうことも多くあります。

男性の部下も女性管理者を盛り立てて、足を引っ張るのではなく、みんなチームで協力し合うことも必要です。

よほど理不尽じゃない限り、歩み寄るのも1つの対策です。

 

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ