女性活躍を推進するためには

ジェンダーギャップを無くす

女性活躍推進が進まない原因の一つにジェンダーギャップがあると考えられています。伝統的なジェンダー観にミスマッチな行動を取ると不利益をこうむるというケースが見られます。

例えば、女性意見を述べたり、怒りの感情を現したりすると不利益をこうむるケースです。働く女性は、声を上げると、男性だけでなく、ほかの女性からも評価を下げられることがあります。特に怒りの感情は、女性特有のヒステリーだと一方的に判断されたり、能力がないと判断されることがあります。逆に、怒りを表明した男性は、男性からも女性からも、リーダーシップがあり有能だとみなされるようです。怒りの感情はきちんとコントロールされている限りは、交渉の重要な要素になったり、業績の振るわない部下にやる気を起こさせる手段にもなったりするのですが、働く女性がこのような反感を避けるためには、戦略が必要だということがわかります。

育休制度などさまざまな制度改革のおかげで、生まれたばかりの子どもや病気の家族の世話を理由に女性だけでなく、男性も休暇を取りやすくなってきていますが、実際に制度をりようしている男性の数は少ないようです。「男性は仕事を優先すべきだ」という昔ながらの発想にとらわれている人は今でも多いことが理由です。女性の社会進出を推進しようとする際には、男性が家族のために休暇を取ることを認める政策を導入するだけでは不十分であり、私たちの考え方そのものも革新する必要があるのです。考えられる選択肢の1つは、男性の育児休暇取得を必須のものとし、家族第一の選択をしても偏見を持たれないようにする、というものでしょう。

また、「女性は弱く、危険から守らなければならない存在」と決めつけられ、難しいタスクを割り当てられることが少ないようです。しかし、これから社会に出ていこうとしている学生を対象とした調査によると、女性も男性とまったく同様に、仕事上の特に難しいタスクに関わりたいと望んでいます。

ジェンダーに関係なく、優秀な人財の活用が必要

このようなジェンダーによる差別を無くし、すべての人が持てる力をフルに発揮できるようになれば、女性活躍は推進されると思います。出生率が下がり、超高齢化社会に突入している日本において、労働人口の確保は重大な問題です。その観点から見ても、女性活躍が最も取り組みやすい方法であることは間違いありません。

渡邊 奈保子

 

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ