女性のよくある転職に対する悩みについて

長く働き続けられる企業へ転職したい

女性には結婚、出産、子育てなどライフスタイルの変化により働き方を変える必要が出て来きます。その際、女性が希望する企業への条件として、ライフスタイルの変化に合わせて働き方が変えられる福利厚生が充実している企業への転職です。ですが、企業側にしてみれば福利厚生制度だけを目当てに入社されても困るというのがホンネです。まずは仕事で何を目指し、その企業で何を実現していきたいかを考えることが先決です。制度を上手に利用するためには、成果を出せることが前提であることを認識していきましょう。自分が何をしたいのか、何を目指しているのか明確なキャリアプランを語れることが、転職成功への鍵となります。

残業が少ない企業へ転職したい

長時間労働が問題になっていますが、人手不足による残業が多い職場への悩みはとても多いです。上司に相談しても解決されず、転職を希望する場合、次の職場で残業時間だけクリアしたとしても、これまで積み上げてきたキャリアがリセットされる転職もあり、注意が必要です。同じ業界・同じ職種でも、会社が違えば環境も仕事のペースも全く違います。また、残業がないために、大幅な年収ダウンの可能性もあります。もう一度、残業以外の自分にとって重要な条件についてよく考えてみましょう。キャリアダウンの転職はそれなりの覚悟が必要です。無駄な転職を繰り返さないためにも、自分のキャリアにとって一番何が重要が考える必要があります。

今の仕事に対して限界を感じて転職したい

今の仕事(職場)に限界を感じて転職を希望する場合です。仕事の内容に限界を感じているのか、職場への不満なのか見極める必要があります。仕事内容に不満がある場合、本当にしたい仕事ではないケースと、仕事の壁にぶつかっているケースがあります。簡単にクリアできる仕事は、逆に言えば誰にでもこなせる仕事であり、将来AIにとって変わる仕事の可能性があります。難しい仕事をクリアしてこそ、スキルがアップし、成長することができます。そこで諦めてしまうのか、努力するのかは貴方次第。本当にしたい仕事でなければ、転職もやむを得ないかもしれません。しかし、新しい会社に転職したとしても、必ず新たな壁は立ちはだかります。仕事の内容に限界を感じて転職を考える場合は、何に限界を感じているのかきちっと見極めましょう。職場への不満を感じている場合も同様です。どの会社にも悪いところはあります。実際に転職しないとわからないことも多いのが現状です。どんな環境であっても、自分の能力を発揮するために全力を尽くせる人が本当の実力者です。

 

キャリアアップするための転職は、前向きなポジティブマインドの方が成功します。

転職を考える前に、もう一度前向きな転職理由を考えてみましょう。

 

渡邊 奈保子

 

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ