キャリア女性のインタビュー【私のキャリアの転機と決断】から見えるもの

代表 日月真紀子

成功している女性管理職の共通点

ハーモニー人財では、【私のキャリアの転機と決断】をテーマにキャリア女性のインタビューコラムを掲載しています。キャリアの中で一番の転機となったことにフォーカスをあて、どのような判断基準でそのような決断をしたのか、成功しているキャリア女性のみなさんにインタビューをしています。十数名のキャリア女性の皆さんは、立場や環境はまったく異なり、転機も様々ですが、何を基準に決断しているかという部分では非常に共通点があります。決して順風満帆にキャリアを歩んできたわけではなく、沢山の試練がある中、努力も人一倍であることがわかります。その努力から得た知識、スキル、ポジションでキャリアを築かれています。また、困難に直面しても決して諦めたりはせず、立ち向かい必ず乗り切っています。キャリア女性の皆さんの、その強い精神力は、育った過程で培われただけでなく、日々の仕事をこなしている過程で強くなっている方が多いです。その根底にあるものが、自分は○○がしたい、こうなりたいという強い気持ちだということがわかりました。仕事でキャリアを築くためには、5年後、10年後の未来の自分像を想像することが大事だという話をよく耳にしますが、本当にその通りです。何も目標もない中で、どうして努力することができますか?人間、行きていくためには目標が必要です。簡単に達成出来る目標も大事ですが、大きな夢を持つことのほうが大事ではないでしょうか。他人に公表する必要はなく、その目標があるだけでなぜかワクワクするような感覚をもつことができます。その未来の夢のためなら、困難に立ち向かえる力が湧いてくるような感じがすると思います。

自分の心の声を聞く

目の前のターニングポイントに対して、どの道を選択するのか決断しなければならない時の判断基準は何でしょうか。キャリア女性のインタビューから、それは「直感力」であることがわかりました。本当の自分の心の声を聞くのです。興味があること、ワクワクするような感覚、未来が楽しみだと思えることを選択しています。その自分の本当の気持ちに正直に選択した道だからこそ、困難が立ちはだかっても決して諦めたりはせず、最終的に成功したキャリアを築くことが出来るのでしょう。
キャリアについて真剣に考え、キャリアアップを目指していこうとしているキャリア女性の皆さん、ぜひこのインタビューコラムを参考にしてみてください。
必ずお役に立てる内容だと信じています。

渡邊 奈保子

企業様お問い合せはこちら
代表 日月真紀子
この記事の執筆者

代表 日月真紀子

ハーモニー人財の代表のたちもり(日月)真紀子です。女性管理職専門の人材紹介業を開始して早やくも11年目になります。日本の女性活躍推進状況は、世代も変化するにつれて少しずつ改善していることを嬉しく思います。ただ、Gender Equality指数では日本は世界で114位。日本の女性管理職が30%になるまで、まだまだすることが沢山あります。経営者の意識が変われば組織は変わります。経営者にお役に立つ女性管理職情報を今後も発信し続けます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ