【経理・財務】40代、50代女性の転職成功の鍵は、他人との差別化

経理、財務で自分の強みを他人と差別化する

20代、30代の転職は、採用する側がその人の伸びしろを考慮する部分があるため、あまり他人との差別化を意識することなく、転職がしやすいと言えます。それでも、補助的な仕事の経験しかない場合は、何を強みとして自分が企業に貢献できる部分をアピールしなければ採用には結びつかないでしょう。経理、財務職で40代、50代でキャリアアップのために転職を考える際に一番重要なことは、他人との差別化にあるように思います。
財務、経理のスキルを持った人は結構たくさんいて、実務レベルの経験ではなかなか他人との差別化ができません。実務レベルの経験プラス、資格の最上級を取得して、他人との差別化になるようなスキルを付けることが転職を成功させる秘訣です。また、一つの企業しか経験がない場合も、経験値としては低く評価されてしまいます。複数の企業での経験は、退職の理由が明確である限り、幅広い知識と経験値でプラスと評価されます。企業によって扱っている分野も、事業内容も違いますので、同じ業界でも複数の企業を経験していることは、とても高く評価されます。
加えて、これからはITが様々な分野の中に活用されてきますので、経理、財務の知識にプラスして、システムの知識があればもっと活躍できる企業の幅が広がるでしょう。もし、現職で、経理、財務の仕事に幅を広げられルチャンスがあれば、ぜひ手を上げてその新しい分野にもチャレンジされることをオススメします。

経理、財務でスペシャリスト・女性管理職を目指す

経理、財務は専門性が高い職務ですので、その専門性を極めることも差別化になります。最上級の資格である、会計士、税理士の資格取得を目指すのも一つですが、英語力を活かし、USGAAPなど、日本以外の会計知識を身につけることもポイントの一つです。英語力はどんな仕事をしていく上でもとてもプラスになるスキルです。これからはグローバル化時代。英語力を活かして、経理、財務の職務内容に幅を広げることができれば、さらに女性管理職としてキャリアアップも転職も成功しやすくなります。
新しいことにチャレンジして成功するためには、時間もお金もかかり、途中で諦めたくなることもありかもしれません。「継続は力なり」という言葉を信じて、時間はかかっても自分自身を高めていくことにチャレンジしていきませんか。きっとその行動は、他人との差別化に繋がり、自分の強みが増えることになるでしょう。積極的な行動が転職を成功に導くと思います。

渡邊 奈保子

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ