転職を決意するタイミングについて

■転職理由を明確にする

ある転職雑誌が行ったアンケートでは、転職を考えたことのあるキャリア女性は9割以上もいるそうです。でも実際に転職する人はその一部。転職を意識することは誰にでもあるのでしょうが、転職を成功させるためには、どんなタイミングで転職を実行に移せばよいのか考えたいと思います。

企業側に採用募集のピーク期間があるように、求職者側にも転職に適したピークとなる時期が存在します。そのタイミングに合わせてスキルアップやキャリアアップをはかるのが

ベターであり、選考の点でも有利に働きます。

転職を考える一番の大きな理由は、現職に対する不満ではないでしょうか。まったく不満がなければ、今の会社でキャリアアップを目指していけばいいのです。その不満が、余りにも自分勝手な理由の場合、人材紹介会社としても、その方の転職を支援することが難しくなります。転職を成功させるためには、スキルや経験が問われますが、まず重要なのは、「なぜ転職したいのか」「何をしたいのか」という部分で、企業側を納得させることができなければ、転職そのものもをもう一度考えたほうがよいのです。

 

■タイミングを図る

転職理由とやりたいことが明確で、企業側の求人とピッタリ合う場合は、それこそ、タイミングが重要です。今の職場をすぐ辞めることができるのか、今の職場に見切りを付け、新しい職場にタイミングよく移れるのかが重要なところになります。日本人は義理堅く、現職に対して引き継ぎなどが決まらないと転職できないと考える人もいますが、果たして本当にそうなのでしょうか。企業は次から次へ新しい人が面談に訪れます。求人は待ってはくれません。本当にやりたい仕事の求人があったら、すぐ実行に移すことが転職成功の秘訣と言えます。

そうは言っても、転職には準備期間が不可欠です。求職者であるアナタ自身が、今までにどんな経験を積みスキルを磨いてきたのか見直し、転職にふさわしい時期であるかどうか考える必要があります。場合によっては、すべきではないタイミングで転職してしまうことも。充分に考えるとともに、迷ったらキャリア相談なども行って、自分にはどんな事が必要なのか見極めてみましょう。

人生は迷いの連続です。迷いながらも自分の望んでいる方向へ進んでいく人生のほうが良いと思いませんか。転職はキャリアアップの大きなチャンスの一つです。そのチャンスをものにするかどうかは自分の行動一つにあるのです。

 

渡邊 奈保子

 

 

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ