ビジネスレベルの英語力について

■必要なのはビジネスレベルの英語力

現在、弊社ではIT関連求人が増えており、ITで転職希望の方を大募集しています。しかも今回必要なスキルとして、ITスキルはもちろんのこと、英語力が必要とされます。

グローバルな環境で英語力を活かしてIT分野で活躍したいというキャリア女性のみなさん、ぜひご応募お待ちしております。

最近特に必要なスキルとして増えてきている要件は英語力です。外資企業だけでなく、日系企業で英語力を求める企業はITに限らず非常に増えてきています。企業はグローバル化に伴い、海外で働ける人財を必要としています。転職を希望している人は、英語力を身につけると、活躍できる場が非常に増えてきます。特に、TOEICに限らず、必要なのは英語のビジネススキルです。英語ができることと、英語でビジネスメールが書けることとは一致しません。日本人でもビジネスメールは難しいと感じるように、ビジネスで英語を使うことは、英語ができるということとは全く違うことなのです。

しかし、まずは単語力、文法力ではないでしょうか。現在企業では、あらゆる部門で英語力が求められます。ダイバーシティーがますます推進され、国籍問わず優秀な人財が企業で採用されるようになると、英語ができることが当たり前の世の中になってくるでしょう。

 

■TOEICの点数だけでは判断できない

英語力について判断する基準はTOEICの点数が有名ですが、TOEICの点数が高くても、ビジネスレベルの英語力があるということではありません。高学歴な方やTOEICの高得点保持者でさえも英語を話せない。そういう人が意外にたくさんいらっしゃいます。テストの点数は「黙っていても」勉強すれば点数を上げることができますが、英語が話せることとは別物なのです。

それでは、どのように英語のスピーキング力を上げていけばよいのでしょうか。

一番重要なことは、とにかく英語を使って話すことです。伝えたいことを英語で話す、伝えるということを繰り返すことが重要です。英語を使って相手とコミュニケーションを取る練習を数多く繰り返すことが上達の早道です。

今はオンラインでの英会話サイトも多く有るので、自分に合った方法で、上手に利用して、ビジネスレベルの英語力を身につけましょう。

 

渡邊 奈保子

 

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ