キャリア女性の理想職種と年収は?

■キャリア女性の理想と現実

キャリアアップを目指している女性の理想の職種と年収について調べると、バックオフィスなどで600万円ということがわかりました。40代、50代のキャリア女性の中には、そのくらいの年収をもらっている人もいます。日本社会は年功序列で、スキルや実力に関係なく毎年ベースアップがあり、給与がアップしていきます。事務系職種でもある程度年数を重ねていくと、それなりの年収にはなります。では、転職をする際に、同じ水準でさがすことは可能なのでしょうか。事務系職種では同じ給与を希望しても殆どと言っていいほど希望する案件は見つかりません。企業では40代、50代には、部下のマネジメント、管理能力を求めており、バックオフィス系の仕事はもはやアウトソーシングの時代だからです。

女性がバックオフィス系を望むのは、ノルマなどに追い詰められずキツすぎない仕事をイメージしているのかもしれません。しかし、誰でも出来る仕事のために社員を雇う余裕は企業にはないことを理解しないといけません。

■キャリアアップの秘訣の一つは英語力

誰でも出来る仕事ではなく、自分を売り込むために必要なスキルの一つに、英語力があります。たとえ事務系職種であっても英語が出来ることで、仕事の幅が大きく広がります。特に、日系企業であってもどんどんグローバルの波が押し寄せています。もし、これから何か身につけようとするならば、一押しで英語です。その英語力を一つの武器にして、これからのキャリアを考えてみても良いかもしれません。日系企業ではまだまだ英語が喋れる人が

■もう一つの秘訣は管理職を目指すこと

女性活躍推進が急がれる中、まだまだ女性管理職人材は足りない状態です。これからキャリアアップを目指し、収入もアップさせていくためには、管理職を目指すことです。もちろん、管理職は最初は誰でも経験がありません。それでも、チャレンジする意欲、やりたいという気持ちがあれば学んでいけるのです。キャリアアップのチャンスを掴むのは自分次第です。みずから道を切り開き、キャリアアップを目指していきましょう。

 

渡邊 奈保子

 

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ