キャリアを諦めないで

■3歳児神話にとらわれない

家庭と仕事の両立に悩むのは多くは女性です。日本には3歳児神話が浸透し、誰から教えられるわけでもありませんが、「3歳までは家庭で子育をしたほうがよい」と思っている人が多くいます。私自身も、なるべく3歳までは自分の手で子育をしたいと思ってきましたし、実際そのように育ててきました。母親が家にいて、子供を育てないと愛情不足になるという観念もあったように思います。

しかし、子育は、一緒にいる時間が長いか短いかで愛情の深さを図るなどと単純ではありません。後々わかってくるのですが、そのときは必死で子育をしています。この3歳児神話に縛られて、キャリアを諦めてしまうことは非常に残念ですし、今のリスキーな社会を乗り切るためには、経済的な自立がとても重要なことです。子育て世代の一番の悩みは経済的な不安です。経済的な不安を解消するには、キャリアを継続することが一番の方法です。どうすれば諦めずに済むのかを家庭で考えていきましょう。

 

■子育ては多様性

3歳時神話はどのように広まったのでしょうか。

「子供は3歳までは、常時家庭において母親の手で育てないと、その後の成長に悪影響を及ぼす」と1998年の厚生白書で説明されました。欧米の母子研究の影響などを受けて、60年代に広まったとされます。戦前の産業が農業や漁業中心だった時代には母親は働きながら、家族や地域の支援を受けて子育をしていました。高度経済成長期は、働けば働くほど企業は潤い、男性中心の社会が作り上げられました。男性一人が社会に出て働けば、当然母親は家にいて子育中心に生活になります。その時代背景なら当てはまるのかもしれませんが、そもそも3歳時神話には合理的な根拠は認められていません。

日本社会には、幼い子供がいる母親が働くことで、発達への悪影響の心配が広くあります。本当に子供の発達に悪影響が出るのか、様々な実証研究がされています。米国立小児保健・人間発達研究所は、全米の新生児薬1300人を1991年から5年間追跡しました。母親だけで育てた場合と、保育サービスなど母親以外の人も含めて育てた場合とで、子供の発達に有意な差はありませんでした。

日本国内で269組の母子を12年間追跡した調査でも、3歳未満で母親が働いても、子供の問題行動や、子供に聞いた子供への愛情への悪影響は認められませんでした。逆に、親が仕事に子育にと複数の役割を持つと、リフレッシュや成長に繋がり、子供にも良い影響を与えるとの研究も出ています。

様々な研究から言えるのは、決して子育は母親だけでやらなくても大丈夫だと言うことです。仕事と家庭を天秤にかける前に、経済的な自立の重要さをもう一度考えてみませんか。

 

渡邊 奈保子

 

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ