転職を考えているのなら、LinkedInを始めよう!


みなさん、LinkedIn(リンクトイン)というSNSは知っていますか?どのようなものかは知らなくても、働く女性なら一度は耳にしたことがあるかもしれません。
LinkedInは、就職、転職、その他プロジェクトベースの仕事を見つけたり、ビジネスでのつながりを増やしたりといった目的に使われるSNSです。イメージとしては、仕事用で、よりオフィシャルなフェイスブックという感じでしょうか。

LinkedInは、2003年にアメリカで誕生しました。年々利用者は増え続け、現在では全世界でなんと4億人が利用しています。日本の利用者は100万人と、他国と比べるとまだまだ少ないですが、それでも着実に数を増やしています。

■LinkedInを使った就職・転職の仕組み
非常に端的に説明してしまうと、LinkedInは、オンラインの写真付き電子履歴書・職務経歴書(英語)です。

入力する内容は、
・名前
・概要(サマリー)
・現在の職業(会社名と肩書)
・職歴
・学歴
・受賞歴
・ボランティア経験

などです。その他にも、工夫次第で様々な情報を追加することができます。

LinkedInで人財を探している人財紹介会社(例:弊社、ハーモニーレジデンス)のヘッドハンターや企業の人事部は、通常のLinkedInアカウントとは異なる、有料のリクルーター専用アカウントを使って、毎日よい人財を探しています。リクルーター専用アカウントを使えば、LinkedIn利用者のほとんどのプロフィールを全て閲覧することができ、LinkedIn上でのつながりがなくても、InMailという機能を使って、メッセージを送ることができます。

この特別なアカウントを使って、リクルーターは常日頃からヘッドハンティングを行っています。

リクルーターは「この人はいいぞ!」と思うと、InMailを送って連絡を取ります。いわば仕事のオファーです。
つまり、求職者仕事 という図式ではなく、求職者仕事という図式。
これが、LinkedInを使った一般的な就職・転職方法です。

■「私でもヘッドハンティングの対象になるの?」
ヘッドハンティング、と聞くと、非常に敷居が高く感じられますね。ヘッドハンティングの対象になるのは、大手企業の管理職クラスのみ・・というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、それは間違いです。
特に、人財が不足している職種(ITなど)を専門分野にしている方、また中々日本で見つけることができないスキルを持った方(IR、マルチリンガル)などは、たとえ大企業で働いていなくとも、恐らく一般的に信じられているより高い確率でリクルーターから連絡が来ます。

なぜなら、そのような人財は、通常の人材紹介では見つけることができないからです。高度・特殊なスキルを持っている人財は、面接に来る人を待っていても一向に見つけることはできません。弊社のような小規模の会社ではなおさらです。

そのような時に威力を発揮するのがLinkedInです。例えば、弊社への登録者(候補者)の中に求人とマッチングする人がいなければ、LinkedInを使って人財サーチを行います。

ですから、他の人が持っていないようなスキルを持っている方には、LinkedInは特にお勧めできます。

「そんなスキルないや・・・」と思った方も、あきらめるのはまだ早いです!物は書きようで、自分のスキルを魅力的に書けるかどうかで、雲泥の差が付きます。自分の能力を様々な角度から研究すれば、例えばチームワークを組んで仕事をするのが得意だとか、人材育成で高い評価を得たことなどを付加的に書くことで、似たスキルを持つ他の人財と差をつけることができます。

また、LinkedInでアピールできるのは、必ずしも職歴だけではありません。大学で何を学んだのかということも詳しく書けますし、今までのボランティア活動歴、また語学力などもアピールできます。

■効果的なLinkedInプロフィールの書き方
LinkedInは、ただアカウントを作って、今まで務めた会社とそこでの肩書を書くだけでは、全く効果を表しません。リクルーターがこのようなプロフィールを見たときに感じるのは、(求人にマッチングしているかという意味で)良い人財なのかどうかが全く見えないという印象です。このような場合は、たとえ大企業の管理職クラスで働いている人財だとしても、InMailを送ることはありません。あまりにもLinkedInのプロフィールが簡素すぎると、リクルーターは「InMailを送っても返事をくれないだろうな」とも思ってしまいます。

以上の理由から、まず重要なのは、プロフィールをできるだけ詳しく書く、ということです。

その次に重要なのは、どのようにプロフィールを書くか、つまりプレゼンテーションの問題です。自分の経験を最初から最後まで詳しく書いたとしても、読む相手(リクルーター)に魅力的に伝わらなければ意味がありません。プロフィールを書くときは、必ずリクルーター目線に立って、もしどの分野に転職したいのかが分かっているのなら、そこに転職するにはどのように書けば適切な人財に見えるかどうかを考えてみてください。

また、プロフィール写真はプライベートで撮った写真ではなく、よりフォーマルな装いでプロフェッショナルに見えるように撮った写真を使ってください。LinkedIn上では、直接リクルーターが候補者とあったり話したりすることはできません。ですから、プロフィール写真の良し悪しは、転職のチャンスに大きく影響します。美人かどうかということではなく、プロフェッショナルに見えるかどうか。リクルーターが自信をもってクライアントに紹介したくなるような仕事に対する真面目さが、写真から透けて見えるかどうか。それが重要です。

ここまでやれば、LinkedInのプロフィールはほぼ完璧といっていいでしょう。余力がある方にお勧めするのが、英語だけでなく、日本語も追加してプロフィールを書くということです。日本での就職を考えている方には、特にこの方法をお勧めします。

日本でリンクトインを使っているリクルーターの大多数は、主に日本語を使っています。英語だけのプロフィールと日英両方のプロフィールを見た場合、日本語話者のリクルーターはどちらに連絡を取りたいと思うでしょうか。それはもちろん日英両方でプロフィールを書いている人です。日本語だと人物像が瞬時に、正確に把握することができます。そのような意味で、日英両方プロフィールを書いている人は、より多くの仕事のチャンスに恵まれます。

■最後に
転職を考えている方、将来的に転職を希望する方、また20代前半でまだ転職を考えていない方、学生の方にも、LinkedInの利用をお勧めします。無料でキャリアのチャンスを増やすためには、LinkedInは非常良いツールです。また、日本だけではなく海外の人財市場にも自分を売り込むことができます。

これからは特に、リンクトインを利用した転職が増えていくでしょう。そのような意味で、非常に将来性のある転職ツールだともいえます。

今週末、時間があるときにでも、ぜひアカウント作成&プロフィール完成してみてはいかがでしょうか。思ってもみなかった仕事のチャンスが舞い降りてくるかもしれません。

熊谷ひかり

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ