転職する本当の理由は?

■前向きな理由の裏にあるもの

転職理由に一番多いのは、「キャリアアップをしたいから」「もっと違う可能性を見つけたいから」「もっと自分の能力を活かせる会社に行きたいから」という前向きな理由です。その前向きな理由の裏には、会社に対する不満があるのが本当のところではないでしょうか。転職先を考える時、自分自身でその本音のところに向き合わなければ、転職を繰り返すことになります。そして、転職をする際に人財紹介会社を利用する場合、コンサルタントとしても、その本音を聞き出さなければ、その人に合った企業を紹介することがとても難しくなりますので、如何に転職希望者と信頼関係を築き、転職理由の真の部分を深掘りすることができるかがポイントになります。企業側の情報を沢山もっているのは、コンサルタント側です。企業側がどのような人財を求めているのかは、一様ではありません。企業と転職希望者のマッチングは、転職希望者からどれだけの情報を引き出すかが鍵になりますので、なるべく本音部分でコンサルタントに情報を寄せていただくとマッチングしやすくなります。

 

■会社都合で退職する場合

2番めに多い理由は、倒産や、業績悪化、経営者交代という、会社を取り巻く環境が変化したことによる転職希望です。倒産や業績悪化などはどうしようもない不可避の事態であり、それが故に「今回初めて転職する」という方もいます。離職期間が長引くと、転職活動が不利になることも多いので、できれば在職中に転職先を決めておくのがベストです。

どうしようもない事情で転職を余儀なくされる場合、条件で折り合いを付ける必要が出てくることもあります。とくに給与の面では、大幅にダウンすることもあるでしょう。どこまで条件を下げることができるか、あまり譲れない部分が多いとなかなか転職が成功しません。そのようなときは、一度コンサルタントに相談してみると、自分の市場価値を把握することができ、譲れない部分も譲歩することが可能になり、転職がうまくいくこともあるのではないでしょうか。

 

会社を辞めた理由がどうであれ、その決断を後悔しない結果につなげていくためには重要なことがあります。退職の理由には、どうしても不可避な理由を除けば、やはり何らかの現状不満が隠れていることが多くなります。

新天地を求める際に、前職での不満を打ち消すことを目的に、不満となった要素と正反対の因子を選択の基準にしてしまうと結果的にうまくいかなくなる傾向があるようです。

転職を検討している方は、自分が主体的なモチベーションを長く保ち続けられるために重要な要素を洗い出し、自分自身と向き合って、転職活動を行うことをおすすめします。

 

40代以降で転職をした場合、まだまだ後20年という長い仕事人生が待っています。自分の人生を自分のもとの実感しながら、気分良く働き続けることが何よりも重要です。

 

渡邊 奈保子

 

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ