成果重視の働き方

■変化する労働環境の背景にある社会情勢

安倍政権が掲げている「働き方改革」の中に、長時間労働の是正が挙げられています。労働者の中心が男性であった高度成長期には、とにかく働けば働くほど経済は成長していったため、その働き方が正しいと誰もが思っていました。しかし、今社会情勢は大きく変化し、ITの普及やグローバル化の波が押し寄せてきたことにより、体力勝負で長時間労働することがまったく合わなくなってきているのです。

女性もどんどん社会に進出する意欲が出てきて、働きたい人が増えてきています。これまでと同じような見方で女性を扱うのではなく、一労働者として女性を活用したほうが企業の成長を促す結果になっているのです。

男性と女性の違いは体の構造です。出産、育児、家事をやらねばならないといった性別役割分担が出来てしまい、そのことに縛られる現実があります。育児と家事をこなすことが自分の使命だと思っている人はともかく、1人の人間として、社会で活躍したいと考えている女性がとても多いにも関わらず、なかなか男性と同じようにキャリアを積み、ステップアップ出来ている女性が少ないことはとても残念なことです。

これから結婚しない男女が増えることにより、現在は介護の負担が女性に降り掛かっていますが、女性だけでなく男性にも介護の負担が降り掛かってきます。女性は、育児や介護でキャリアを諦めてきましたが、ずっと長時間労働をせざる負えない状況が続けば、女性だけでなく男性も介護で離職せざる負えない人も出てくるのではないでしょうか。

成果重視の働き方は、子育だけでなく、親の介護も考えた時、男女を問わず、働いた時間にとらわれなくなります。どれだけ効率よく時間を使い、成果を出すかということです。そして、成果をアピールできるチャンスが男女問わず平等にあれば、女性もどんどんキャリアアップしていけるのではないでしょうか。

■女性の活躍=ダイバーシティ

会社が存続するには、ダイバーシティーを推進させなければならないと言われています。それは、これまでの男性中心の組織では市場のニーズが掴みきれないことにあります。消費者の好みは多様化し、変化に富んでいます。人間の半分は女性であるにも関わらず、優秀な女性の能力を活用せず、男性ばかりが優遇されている経営では斬新な発想が求められる競争に勝てなくなっているのです。女性が管理職に登用されれば、男性の一部は結果的に地位や権限を奪われることになります。

これまで、年功序列で管理職になっていた男性の代わりに、優秀な女性を管理職として登用するだけのことです。女性であることに嫌悪感を覚える男性もいるかもわかりませんが、優秀であるからこそ管理職になれるのであって、男性しか管理職になれなかったこれまでが不平等だったと言えます。

これからどんどん女性管理職を登用する企業は増加し、ダイバーシティーの波は加速してくるでしょう。女性も責任を持って企業に貢献し、キャリアアップを求められる時代になってきます。女性も、これから1人の人間として経済的に自立することが求められてくるのです。

 

渡邊 奈保子

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ