会社選びは会社名ではなく、仕事内容で決める

スキルを身につける

大学生の就職活動での会社選びの一番のポイントは、大企業の安定志向を求めるのではなく、会社に就職して、何を身につけたいかで選ぶことです。社会情勢の変化に対応できる力を身につけるということは、どの会社に就職しても通用するスキルを身につけることにあります。重要なことはどの会社に勤めているのかではなく、何かできるのかということです。

20数年前のバブル時代を経験した私は、売り手市場ということもあり、大手企業ばかり選んで就職活動していました。女性の社会進出も遅れていた時代で、仕事内容といえばどこの会社も事務が一般的。結婚退職も当たり前の時代で、大量採用の時代でした。事務の女性社員はあくまでも男性の仕事の補佐です。結婚退職をしたものの、いざ復職しようとしても、時代の流れで、事務職は契約社員、派遣社員、パートへとシフトして、現在事務職で正社員の職を見つけるのは至難の業です。20代の若い人ならば、事務職で就職できるでしょうが、30代以降の事務職しか知らない女性には正社員の道は大変厳しいものになります。

これから就職する人は、何でも良いのですが、スキルを身につけることが大事です。会社がどうなるか分からない時代に、スキルがなければ生活は安定しません。何を身につけるかという視点で会社を選ぶと、大手であってもベンチャーであっても自分の軸がブレずに、スキルアップしていけます。学ぶ場として企業を考えると、どのような企業でも長所、短所は有りますので、その中で自分自身を高めることができます。本当に自分が身につけたいもの、そのことにこだわって学んで努力していけば、何かしら手応えは得られると思います。一社目で失敗しても、2社目でチャレンジしていけばいいのです。失敗を乗り越える強さがあれば、前に進んでいけます。

人生をコントロールする

どんな会社でも通用するスキルを身につけられれば、会社にしがみつく人生ではなく、自分で会社を選ぶことができます。会社都合で急な異動を命じられた場合でも、動じることなく対処できるのです。これから成果主義がどんどん導入され、成果を出せない社員を定年まで抱えられるほど余裕のある会社はなくなるでしょう。自分の身は自分で守る覚悟が必要になってきます。

そのことに気がつかない社員や、気がつかないフリをしてしがみついている社員がまだまだ日本には多いように思います。社会の変化に対応できるよう、今から出来ることをしていきましょう。

人生には失敗はつきものです。失敗からしか学べないことのほうが多いのではないのでしょうか。

40代後半になって新しいことへチャレンジしてみて気がついたのですが、何事も自分次第だということ、やる気さえあれば何でもできるということです。

自分自身が強くなるためには、守られている世界から飛び出すことです。そして、自由に自分の人生をコントロールしていきたいと思います。

渡邊 奈保子

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ