50代女性のキャリアの選択
年齢にこだわる必要はあるのか?


女性管理職人財に特化した人財会社を設立して
今年で9年目になります。

登録者は累積で4000人を越え、毎日全国、
海外からも転職希望者とのキャリア面談を実施しています。

50代のキャリア女性の転職希望者も毎年増加傾向です。
しかし、日本社会は特に、年齢に厳しい。
海外と比較して、どうしてこうも日本社会は【年齢】にこだわるのか。

今や実力主義のグローバル化時代。
日本企業は、この【年齢】にこだわっていたら真に実力のある
貴重な人財を見逃して、競争に負けます。

皆さんご存知でしょうか?
某データリサーチ会社の報告では、33%の女性は
【キャリアアップ】を望んでいるとのこと。
就業している女性の3人に1人は、
キャリアアップを望んでいるのです。

キャリアアップ、昇進を望んでいる、女性の年代別の割合は、
20代女性が12.5%  30代女性が8.6% 40代女性が3.0%
そして50代女性は、なんと9.6%と 年代別で2番目に高く
昇進を望んでいる、モチベーション、経験のある女性たちなのです。

女性管理職を増やそう、女性社外取締役を増やそうという
昨今の取り組みの中で、注目すべき人財は、
このように、昇進、意欲、経験値の高い
50代の女性ではないでしょうか。

By Makiko Tachimori
CEO Kigen Corporation and Harmony Residence

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ