社内の女性管理職比率を上げるための最も簡単な方法

女性活躍推進法施行に伴い、より多くの企業(特に、開示義務等のある301人以上の労働者がいる企業)が、女性管理職比率を上げようとしています。

より優秀なキャリア女性に入ってもらおう、残ってもらおうと、企業は産休・育休などの制度の充実を行っています。

しかし、実はこれは今に始まったことではありません。

特に、産休・育休の制度については、日本は非常に充実しています。

ですが、実際、女性の平均勤続年数は増えていても、女性管理職比率はほとんど変わっていない。

では、何をすれば、短期間で、効果的に、女性管理職比率を上げられるか。

答えは、人事部長に女性をつける、ということです。

人事部長が女性になれば、本当にできる女性が社内に増えます。女性管理職が増えます。

男性が人事部長だと(そして課長、係長も男性という状況では)、採用の時に、どうしても男性目線で履歴書、職務経歴書を見てしまいます。

男性と違い、女性は、出産や育児でどうしてもブランクがあったり、転職回数が多かったりします。

出産・育児経験が全くない男性が、このような女性の経歴を見ると、「この人はだめだ」と判断してしまう。

非常に仕事に対して意欲の高い女性だったとしても、既婚の女性だと、男性の頭の中ではどうしても出張は行けないだろうな等、勝手に決めつけてしまって、採用を見送ってしまう。

つまり、能力の高い管理職になれる女性でも、男性のアンコンシャス・バイアス(unconscious bias 無意識のバイアス)によって、埋もれてしまう。

この男性のバイアス無しで、良い女性人財を引き抜けるのが、女性の人事部長です。

人事部長を女性にすれば、女性管理職比率は着実に上がります。

ダイバーシティ経営に真剣に取り組む企業では、実際に、人事部長を女性に変えていっています。女性人事部長は、本当にできるキャリア女性を見抜く。自分自身も、女性ロールモデルとして、他の女性社員のあこがれの存在になる。

弊社でも、実際にそのような、女性人事部長・マネージャーの求人があります。
例 人事部長
例 人事制度企画マネージャー
例 人事マネージャー
是非、そのような女性人事部長になりたい、他の女性のお手本になりたい、という方がいましたら、是非エントリーをなさってください。

どんどん、女性が、その能力に応じてフェアに評価されるような社会になりますように。

ハーモニーレジデンス スタッフ 熊谷ひかり

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ