女性に責任のある仕事を
~沖縄政経懇話会 講演No.11~


今、起こっているのが、女性に責任のある仕事を割り当てない、ということです。そうするとどうなるかというと、優秀な女性のモチベーションがどんどん下がります。そして、家に帰ってくると、家事、育児、介護、4重労働がある。そうすると、もう仕事を辞めちゃおうかな、と離職します。

それから、責任の低い仕事は避けて、仕事は出来るだけ楽しよう、という傾向になります。そうするとどうなるかといいますと、男性管理職が、「女性はやっぱり責任の重い仕事を希望しないんじゃないか」と思い込みます。これは社会の偏見です。

実際に、このような悪いサイクルがあるからそうなっているだけで、逆の発想で、逆のことをすれば、全て解決します。

まず、女性に責任のある仕事を割り当ててください。そうすると、女性社員のモチベーションが上がります。今度は、一生懸命仕事をやれば、やりがいを感じ、昇進もできるかもしれない、年収も上がるかもしれないという期待から、一生懸命、家事をアウトソースして、仕事に時間と労力を投資します。この家事を、高齢者の方に協力いただけたら、非常に理想的な社会になると思います。

そうすれば、女性管理職が増加して、社会の消費活動が活発化します。企業の業績も向上して、業績が向上すると求人が増えます。そして、男性の仕事も増えます。

だからどんどん女性に責任のある仕事を割り当てていくと、経済がどんどんどんどん活性化して、よい好循環なサイクルが生まれます。

日月(福井)真紀子

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ