日本に必要なのは、制度ではなく、女性管理職ロールモデル!~沖縄政経懇話会 講演 No.2~

代表 日月真紀子

一般的なロールモデルといって、皆さんがイメージされるのは、
高学歴で語学が堪能で近寄りがたいスーパーウーマンだと思います。
しかし、このような方は、大勢の方のロールモデルになるとは思いません。

今、日本に必要なロールモデルというのは、
他の女性も「ああなりたい!」と思うような、一般的な女性です。
子育てをしながらキャリアを真剣に追求し、後輩の女性を応援して、
子育てと仕事の相談に乗ってあげられる、そういう女性。
こういう普通の当たり前のそういう女性たちが、
今、日本に大量に必要だと思っています。

一般的に、日本の女性管理職が増えないのは、
会社内の制度が充実していないからだ、と勘違いされています。
しかし、日本には諸外国に比べてかなり手厚い制度が、既にあるのです。
私は、これ以上の充実した制度は必要ない、と思います。

逆に必要なのは、そのような制度を使って、
家庭とキャリアが実際に両立させている女性管理職です。
そのような人財が不在のまま、制度ばっかり充実しても、
女性管理職は増えません。

例えば、10年ほど前から、厚生労働省が、制度が充実した企業に、
「くるみんマーク」というマークを与えて表彰する活動を行っています。
しかし、その表彰を受けている会社ほど、
女性管理職の割合が低いというデータが出てきてしまいました。
それ以来、厚労省は、そのマークを使った表彰を推奨していません。
これが、制度についての誤解の一例です。

姉妹会社 株式会社紀元が運営する、
キャリア女性と経営幹部が自由に交流できるサイト「KigenW」 はこちら

女性活躍推進を応援するポータルサイト「KigenW」はこちら

企業様お問い合せはこちら
代表 日月真紀子
この記事の執筆者

代表 日月真紀子

ハーモニー人財の代表のたちもり(日月)真紀子です。女性管理職専門の人材紹介業を開始して早やくも11年目になります。日本の女性活躍推進状況は、世代も変化するにつれて少しずつ改善していることを嬉しく思います。ただ、Gender Equality指数では日本は世界で114位。日本の女性管理職が30%になるまで、まだまだすることが沢山あります。経営者の意識が変われば組織は変わります。経営者にお役に立つ女性管理職情報を今後も発信し続けます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ