女性進出が遅れる『先進国』日本—エジプトとの比較~沖縄政経懇話会 講演No.4~

今年の2月14日に、エジプトカイロで開催されました国連ウーマンエジプト事務所主催の「社会経済発展に果たす女性と若者の役割~日本の経験・エジプトの今後~」というフォーラムに、パネリストとして参加させていただきました。今回は、会議に一緒に参加させていただきました小池百合子議員に同行させていただきまして、大変幸運なことに、シシ大統領を表敬訪問する機会もいただきました。

ここでは、この会議の中で気づいたことを皆さんと共有させていただきたいと思います。世界の経済フォーラムで、毎年世界各国の女性に関する情勢を比較分析し、ランキングを発表しています。調査対象は女性の政治参加、教育、健康などの分野で、エジプトは136位、結構低いほうです。

ところが、4年前のアラブの春の後、現在、シシ政権が規律、憲法も制定して、議会選挙が行われ、政治の分野ではエジプトは非常に進んでいます。昨年の10月、11月に行われた代表委員選挙、この定数の596人中どのぐらいの女性議員が誕生したと思われますか。エジプトで初めて、選挙で女性代表が誕生したんですが、何と89人。そのうち、14人は大統領の任命、そのほかの75人は、実際に選挙戦を勝ち抜いて代表委員に選ばれた方です。すごい数の女性議員が一気に誕生しました。

一方、日本の順位は101位。一瞬、「日本はエジプトには勝っているかな」と思われるかもしれません。ところが、イスラム社会で、まだ経済発展途上のエジプトに比べても、日本の女性議員は本当に少ないです。政治の分野では、今年から、日本はエジプトに一歩先をいかれました。もう来年には、順位では日本が抜かれると思います。

—————————————

日月への講演・取材のご依頼は、姉妹会社 女性管理職・役員・取締役、年収800万以上の転職サイト◆株式会社ハーモニーレジデンス◆の以下リンクからお願いいたします。
講演依頼フォーム:http://www.harmonyresidence.co.jp/offer.php
取材依頼フォーム:http://www.harmonyresidence.co.jp/coverage.php

姉妹会社の株式会社紀元が運営する、 キャリア女性と経営幹部の会員制オンライン交流サイト:http://www.kigen-w.com
女性活躍推進総合サイト:http://www.kigenw.net

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ