今、なぜ企業が女性管理職を探しているのか

日本の労働市場や産業構造は激変しています。少子化問題が深刻化して、労働人口が減少しておりこれまでの男性中心の労働社会では若手層中心に人出不足に陥ります。

その背景にあるのは、日本の長時間労働という問題です。女性の場合は、家庭との両立が困難で、出産を機に退職するキャリア女性が多く、また、待機児童の問題もあり、社会復帰が困難となるのです。

そんな中、労働力人口の確保のために政府が出した政策が「女性活躍推進法」です。企業は政策があるからという理由よりも「自社の継続発展」のために女性の活躍推進に取り組む必要があるのです。女性が長く働ける制度の確立と、支援、そして、女性管理職登用です。女性が管理職として活躍している企業ほど業績が良いというデータもあります。優秀な女性管理職の活用がビジネスの成功の鍵になるということです。

これから企業が優秀な女性管理職候補を確保することは必須の取り組みになるでしょう。これからキャリアアップを目指す女性は、自ら、経営幹部にPRしチャンスをつかむ行動が大事と言えます。そして、女性自身も生産性を上げて、短時間で成果を出す働き方を学んでいかなければなりません。

そんなキャリア女性、女性管理職を応援していきます。

スタッフ 渡邊 奈保子

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ