これからのキャリアチャンスの掴み方

今までは、人材紹介会社に登録したり、

知人等の紹介でお仕事を紹介してもらったりと

男女問わず、どちらかと言うと「待ちの姿勢の転職」が主流だった。

このような他人が介在した【間接的な探し方】

【待ちの姿勢の受身的な探し方】も試してみる価値はある。

何もしないよりも、当然良いだろう。

しかし、他人に依存し、他人の思惑が入り込み、

自分からプロアクテイブには動けないところが欠点。

また、履歴書や職務経歴書の記載だけでは、

表現しきれない長所、特技もあり、

これらを披露できる場も、他人依存では少ない。

さらに、今までの経験を超えて、

新しいチャレンジをしてみたいと思っても、

経歴書等、年齢など外的要因で、ふるいにかけられ

チャレンジしたくても、そのような場がない。

時代が急速に変革している今、

キャリアチャンスの掴み方も、大きく変革している。

世界では、このような直接交流を活用して

自らのキャリアアップを図っている人が、益々増えている。

これからは、自己PRを通して自主的にチャンスを掴れる人に

多くのキャリアチャンスが到来する。

何よりも、自分で自分の未来を創造でき、

他人依存の待ちの姿勢から開放されるのが、何よりものメリットだ。

企業側も、人的ネットワークが広い人々の中に、優秀な人財が

多いことに気付き始め、直接交流、直接採用に舵を切り始めている。

お勧めは、旧来の方式と新しい流れの双方同時並行だ。

どこにチャンスが転がっているか、わからないからだ。

どちらの方式でも、重要なのは、自分自身の意識だ。

自己研鑚を続け、他人依存の姿勢は止め、自らチャンスを掴み取る

そうゆう意識・覚悟が大切だ。

日月(福井) 真紀子

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ