女性管理職の割合が高い企業

某経済産業研究所の研究結果によると、
正社員の女性が管理職になれる割合が高い企業は
生産性が高くなるそうだ。

面白いデータは、女性の管理職の比率が変わらず、
全体の女性正社員の割合が高まると、
生産性がむしろ下がるという結果だ。

今様々な企業が両立支援など制度の充実に力を入れているが、
このデータによると、産休、育休等の制度を充実させることで、
せっかく女性正社員の割合が増えても、
女性管理職の割合が増えなければ、
むしろ生産性が下がるというのは興味深いことである。

確かに経営者や人事部の方たちから、
「法定を上回る以上の制度にしたが、制度の利用者ばかり増えて、
女性管理職は一向に増えない。」というお悩みの声をよく聞く。

そもそも何のために両立支援制度を企業は取り入れたのか、
この本質的部分を再度考えていかなければならないのではないか。

制度の充実だけでは、かえって生産性は落ちてしまうが、
制度導入自体には害があるわけではない。

女性管理職が増えると労働生産性が向上するというのは
海外では実証済みである。

本質的に再考すべきは、どうすれば女性管理職が増えるのかである。

~~~~続く

幸せのサプリ by 福井

~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~

女性管理職・役員・取締役、年収800万以上の転職サイト◆株式会社ハーモニーレジデンス◆
~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ