女性の職歴こそダイバーシティー

結婚、出産、子育てを経験する女性の大半は、
転職回数が多くなっても当たり前ではないでしょうか。
ブランクがあっても当然ではないでしょうか。

もしご主人の転勤が加われば、海外にも行きます。
親の介護もしなくてはなりません。
自ら転職を望んでいなくても、
家族の状況の変化や出産・育児についても、
事業所の規則によって、意図せず退職し、
また新たな事業所に就職します。

それを何度も繰り返すこともあります。
離職と転職のサイクルは数か月単位のこともあれば、
数年のことも。例えば10年後、気づいてみれば、
転職回数が2~3回では納まらないことも。

もしシングルマザーになれば、父親の代わりもします。
夫がキャリアを積んでいく一方で、
転職を繰り返す働く妻やママたちの職歴は
まさに多様で千差万別。それが現実です。

それでも、働く意欲のある女性は仕事を続けます。
仕事で成長し、社会とずっと関わりたいからです。

それなりの職位で退職した男性は、
再就職へのマインド切り替えが難しいと言われます。
定年退職後、何をしたらよいかわからないと言います。

一方、女性は地位よりも仕事の内容を重視するため、
環境の変化に対応することが得意と言われています。

何より、女性はそんな甘いことを言っている暇はありません。
1人で何役もこなさなければならない女性は、
常に制約のある中でも、粘り強く、前向きに、
真剣に仕事と向き合って「現在」を生きています。
主婦も子育ても全力投球です。

少子高齢化、グローバル化で
積極的な女性雇用が注目されています。

女性の多様な職歴こそ、まさにダイバーシティーではないでしょうか。
様々な職場で、多様な働き方を経験してきた女性だからこそ、
男性にはない「強み」があります。

弊社クライアントさんからも、
「男性よりガッツがある」
「臆せず飛び込んでいく」
「順応性があり、向上心がある」
という評価を頂いています。

これはすなわちグローバル人材の条件では?

職歴が多く年齢の高い方でも、多様な経験を逆に「強み」として
評価してくださるクライアントさんが少しずつ増えています。

今後の経営戦略として、画一的な物差しで人材を採用するのではなく、
タフで順応性ある優秀な女性をもっと積極的に雇用することこそ、
グローバル展開に必要なことではないでしょうか。

ハーモニーレジデンスでは、
戦力として女性を採用されたい企業様と
優秀な女性との架け橋となり、
微力ながら頑張っていきたいと思っております。

幸せのサプリ by 江崎

~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~

女性管理職・役員・取締役、年収800万以上の転職サイト◆株式会社ハーモニーレジデンス◆
~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~

 

 

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ