プロ意識の高い人財

仕事と研修も兼ねて年に2回くらい海外の色々な国を視察します。

 

現地に行くと職業柄、どうしても働いている人に見入ってしまう。

先日訪問した米国L.A.のあるセキュリティが厳格なオフィスビルでは

2名の受付スタッフをじっと観察してしまいました。

 

一人は35歳くらいのヒスパニック系の女性。

もう一人は50代の黒人男性。

 

米国では、例えばこの「受付」という職種で求人募集する場合

年齢、性別、国籍、写真など一切提出する必要がない

年齢制限がないので、この「受付」という仕事を一生涯継続することも可能だ。

日本では、20代の若い、日本人、女性が受付をすることが、ほとんどだ。

 

では、採用基準は何か?

企業が期待している仕事を、期待以上にできるだろう

と推定される人が競争に勝ち、採用される。

 

米国ではどの職種に対しても、非常に高いプロ意識が求められている。

なにしろ、一生、「プロの受付」として食べていこうと思っている人たちが

年齢、性別、国籍問わず、多数競争相手にいるのだから。

特にグローバル時代では、多言語可能な外国人という新たな新規参入組も

出現し、競争はますます激化していく。

 

年齢制限がないという点だけ捉えると、

米国はいいな~と思うかもしれません。

 

しかし、一生「プロの受付」として食べていくには、

数カ国語をマスターし、

セキュリティや緊急時対応が可能な体力強化もし、

どんどん出現してくる競争相手と戦い

勝ち残っていかなければなりません。

 

本来、「プロの仕事」というのは、この米国流の考え方のほうが

本質的であると思います。

 

グローバル化の流れの中で、日本企業が今後採用していくべき人材は

このような視点が必要だと思います。

 

すなわち、年齢、国籍、性別にこだわらず「プロ意識の高い人材」

 

求職者も同様、「プロ意識の高い人」はどの企業でも熱望しています。

幸せのサプリ by 福井

~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~

女性管理職・役員・取締役、年収800万以上の転職サイト◆株式会社ハーモニーレジデンス◆
~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事と研修も兼ねて年に2回くらい海外の色々な国を視察します。

 

現地に行くと職業柄、どうしても働いている人に見入ってしまう。

先日訪問した米国L.A.のあるセキュリティが厳格なオフィスビルでは

2名の受付スタッフをじっと観察してしまいました。

 

一人は35歳くらいのヒスパニック系の女性。

もう一人は50代の黒人男性。

 

米国では、例えばこの「受付」という職種で求人募集する場合

年齢、性別、国籍、写真など一切提出する必要がない

年齢制限がないので、この「受付」という仕事を一生涯継続することも可能だ。

日本では、20代の若い、日本人、女性が受付をすることが、ほとんどだ。

 

では、採用基準は何か?

企業が期待している仕事を、期待以上にできるだろう

と推定される人が競争に勝ち、採用される。

 

米国ではどの職種に対しても、非常に高いプロ意識が求められている。

なにしろ、一生、「プロの受付」として食べていこうと思っている人たちが

年齢、性別、国籍問わず、多数競争相手にいるのだから。

特にグローバル時代では、多言語可能な外国人という新たな新規参入組も

出現し、競争はますます激化していく。

 

年齢制限がないという点だけ捉えると、

米国はいいな~と思うかもしれません。

 

しかし、一生「プロの受付」として食べていくには、

数カ国語をマスターし、

セキュリティや緊急時対応が可能な体力強化もし、

どんどん出現してくる競争相手と戦い

勝ち残っていかなければなりません。

 

本来、「プロの仕事」というのは、この米国流の考え方のほうが

本質的であると思います。

 

グローバル化の流れの中で、日本企業が今後採用していくべき人材は

このような視点が必要だと思います。

 

すなわち、年齢、国籍、性別にこだわらず「プロ意識の高い人材」

 

求職者も同様、「プロ意識の高い人」はどの企業でも熱望しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ