人口減少社会 

人口減少社会については悲観論、楽観論など
様々な考えがあるが、我が国の今後の経済成長に
人口減少が、大きな影響を及ぼすことは避けられない。

経済成長を維持するためには、技術革新を促進したり、
新しい産業育成に力を入れれば良いという考えもある。

確かに、理論的にはそうかもしれない。
しかし、新しい技術や産業育成の要は結局は、「人」である。

特にグローバル化による世界との競争が激化している現代、
他国と凌ぎを削って、新技術、新産業が競争力を持たなければ
ならない状況で、果たして現在の日本人で、
新技術、新産業育成を担保できるのだろうか?

海外の若年就労者は、ハングリー精神、バイタリティ―に
溢れているが、果たして現在の日本人
このような海外の人たちと競争可能なのだろうか?

そもそも、新産業育成と言ってもそれを
担う、日本人がいなければ元も子もない。

だからこそ、今日本が早急に対応策を講じるべきは、
人口減少社会への直接対策である。
新産業育成や技術革新はそれからでよい。

そもそも新産業育成や技術革新に頼ることは、
現実逃避であり、解決されていない人口減少問題は
結局は将来また、再浮上することになる。

では、何を今すべきか?

保育園を増やしたり、両立支援制度など
効果が出るのに長期間かかる「間接的」な解決方法では間に合わない。

短期間で即効性のある「直接的」な解決策が急務なのである。

なぜ日本女性が子供を産まないのか、
産んだら、諦めないといけないことは何なのか、
諦めるのではなく、両立するための解決方法はないのか

現在、この直接的解決につながる新事業を弊社では準備しています。
弊社新事業にご興味がある方は、ぜひご連絡ください。
共感頂ける方々の応援も募集しています!!

幸せのサプリ by 福井

~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~

女性管理職・役員・取締役、年収800万以上の転職サイト◆株式会社ハーモニーレジデンス◆
~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~ ~~

 

 

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ