努力できるようになるには、目的意識が大切 その1

シングルマザー・母子家庭の仕事・就職支援のハーモニーレジデンスです。

素直さというのは性格の部分なので、自分を見つめ直して
本当に認めない限りは直らないものだと思うので
もし自分で「もしかして自分てあまり素直じゃないかな」と思ったら、
どうしても認めたくない所もあるかもしれないけれども、
その部分は少しでも良くなるように、努力して変えないといけないと思います。

それから努力するというのは、少しでもいいから新しい事を
毎日自分で出来る事を増やしていくという積み重ねですね。

言われた事しかやらない、それ以上やりたくないと思っている人は
仕事をこなしている人。

正社員には仕事をこなして欲しい訳ではありません。こなすだけの作業だったら
アルバイト、パートの人にルーチンワークでちゃんと決めて、
どんどんこなす作業が効率的になるようにやってもらえば良い訳です。
正社員に望んでいるのは、9時から6時まで座っていてこなすという仕事ではないんです。

でも当社に「良い人いませんか」と相談に来られる経営者の方の中には、
「前の従業員の方はどうだったんですか。」って聞くと、とにかく9時から6時まで
来れば良いんだと、座ってれば良いんだって言う姿勢の人だった言う方が多いです。
「それじゃ困るんだよね」と。「それだったらパートさんアルバイトさんでいいんだよね」と
言われるんですよ。「じゃ、パートさんアルバイトさんを雇いたいんですか」と聞くと
「いやいややっぱり正社員が欲しい。」と。
じゃ、その違いって何なんでしょうと。

少しでも自分で出来る事を増やして、もっと役に立てるように努力出来る人が
やはり正社員として欲しい人なんです。

だから何の為に仕事をするかという事が、そこでも出て来ると思うんです。目的意識。
それがただ単に給料もらう為だけ、ということになってしまうと、
9時から6時はとにかくひたすら来て、いるだけという事で、
だんだん苦痛になって来ると思うんです。

次回に続きます。

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ