一般事務の仕事はなくなります その4

シングルマザー・母子家庭の仕事・就職支援のハーモニーレジデンスです。

普段から自分で日常的に判断して行動してやれていれば、
今度は、じゃ、君リーダーになってということになるんです。それが出来るから。
判断経験のない人たちに教える、リーダーになれる訳ですよ。

それでその人たちを今度は育成する事で自分は、今度は管理スキルというものを
学んでいくんです。そういうポジションだったら、どの職でも同じだと思います。

だからやっぱり大企業でもそうですけれども、50才になって
リストラされる方というのは、マネージメントスキルがない方。

今求人難なんて言いますが、マネージメントスキルを持っていれば引っぱりだこです。
管理したり判断したりする事を逃げてきた人が相当いるので、
そういう人に任せられない。だからクビにして、能力がある方だったら、
若い人でも、年齢問わず、50過ぎていたとしても、スキルを
しっかり持っている方だったら、どの企業でも欲しがります。
その人材が一番不足しています。

つまりみんなのリーダーになれる人材ですね。

もちろん最初からいきなりリーダーになれる人なんていません。
先日の法律事務所のような日々の仕事での毎日の判断の積み重ねがステップを踏んで
最終的にそういうマネージメントスキルということになるんです。
でもその最初の部分で判断する機会を放棄して、
スキルを身に付けていかなければ、先がないということです。

例えば経理で10年間勤めて40才になりました、経理は一流に出来ますと。
で、その時に20代の若い方で、同じくらい経理が出来る資格を持った方が
入ってきた場合に、その人と自分を差別化するのは何だと思いますか。

同じ作業をずっと60才までやる事を、その40才の人には期待しません。

40才の人に今度期待するのは、20代30代でやった仕事を活かして、
今度は新人を教育して、教えていく、マネージメントするという事です。
これまでと同じ事をあと20年間、60まで続けたいと言っても、それは難しいです。

そういう場合にその40才の人は、そのまま雇っていると退職金が多くなるから、
何となくその人を辞めさせて、新しい若い人を採用するということになったりします。

だからずっとやって行きたいなら、その上の、マネージメントスキルから
逃げちゃいけない。という事だと思います。

次回からは

努力できるようになるには、目的意識が大切

をお送りします。

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ