一般事務の仕事はなくなります その1

シングルマザー・母子家庭の仕事・就職支援のハーモニーレジデンスです。

一般事務職を希望するシングルマザーの方がものすごく多いんですよ。
「一般事務くらいだったら、自分でも出来るかもしれない」と思って来るんですね。

「一般事務職くらいなら」と言うのが大きな間違いで、今一般事務と言ってもですね、
希望者がものすごく多いのに、仕事自体はどんどん減っていっているんです。

そうするとどうなっていくかと言うと、例えば100万人くらい
一般事務がやりたいって手挙げる人がいて、
一般事務の仕事が1万人分しかないとします。
すると99万人の人が、このぐらいの仕事だったら自分は出来ると思っている
一般事務職の仕事にありつけないんですね。

どうして減っていってるかというと、今大企業がここの部分を
どんどん海外に移転しているんですね。
昨年日経新聞にも載っていましたが、某大手の金融機関が中国に専門の
事務センターを建てて、今まで2,000人を日本で採用していた
派遣でのデータ入力業務、これを2年かけて全部中国に移すと。

これはもう大企業の中で全部そう言う動きになって、
今中国の方に4,000社ぐらい企業が移ってます。
一般事務の仕事が出来る会社を作って。

どうして中国に行くかというと、当たり前の話で、
日本だったらこの一般事務、いろんな入力をする事務職を一人雇うのに
20万円払わなくてはいけない。中国は10分の1の人件費で出来るので
2万円で済みますね。そうすると年間で計算したら、何億という人件費が浮くんですね。
これだけ経済が厳しい時代なので、この流れは止められないと思います。

つまりですね、100万人ぐらい一般事務職やりたいと言っているけれど、
一般事務職の仕事が、どんどんどんどん、さらに減って行く。
その中で一般事務職をずっと希望していて、自分でも一般事務職ぐらいだったら
出来ると思ったとしても、そういう仕事はなかなかこれから厳しくなっていく。

それと、もし希望したとしても、その仕事は例えば5年、10年いたら
給料が上がっていくと思いますか。

次回に続きます。

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ