「資格があれば就職できる」のウソ その2

シングルマザー・母子家庭の仕事・就職支援のハーモニーレジデンスです。

TOEIC(英語の国際資格。990点満点)の900点以上持っている人なんて
どこでも就職出来るだろうと思うじゃないですか。
自分が英語が出来ないと、「英語の資格を持っている人はいいよね、
英語さえ出来ればどこでも仕事見つかるのに」って思うでしょう?

ところがそれは大嘘なんです。

TOEIC900点以上持っている人でも、全然決まらない人は決まりません。
だって900点以上持っている人なんて、いっぱいいますから。
どこまでそういう努力をするかって言う事ですね。

ちなみにもっと極端な例でいうと、当社の登録者のお話ではありませんが
弁護士専門の人材紹介会社の社長さんとこの間お話しした時にお聞きした事が
「ああ、本当にそうだな。」と思ったことがあります。

東大の法学部出て弁護士の資格に合格して、何年か弁護士事務所に勤めた後
ハーバードのロースクールに留学して、現地の資格も取って、もちろん英語もできて
という人がいるんだよ。って言う話を聞いたんですね。
それで「その人どうですか、就職決まってますか」って聞いたんです。

そうしたら、いや、もう全然決まらないと。
もうこっちも努力して3件、すごくいい事務所に紹介したけれど、全部落っこちると。
「それではもう、その人は駄目ですね」と、社長さんとお話してたんです。

つまり、東大法学部を出て弁護士の資格を取ったとしても、
それさえあれば就職出来るという時代ではないということです。

つまり、資格で自分は生きていくって決めるならば、
トップを取る、本当に一番上まで上りつめたとしても
それでも保証はないという事です。

では、どうしたらいいのでしょうか。

次回に続きます。

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ