自治体の就学援助制度対象者数が過去最多に、文科省の調査で

経済的に困窮する家庭に小中学生の学用品代などを補助する自治体の就学援助制度の2009年度の給付対象児童生徒数が過去最多の148万8113人(前年度比5万1982人増)だったことが文部科学省の調査でわかった。

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ