東京都、社会福祉法人の経営健全度を判定する制度を導入

 東京都が保育園・特別養護老人ホームなどを運営する社会福祉法人の経営健全度を判定する制度を導入する。
 小規模な社会福祉法人や経営不振の法人に対して、合併や事業譲渡の受け皿の紹介なども行う予定。
 制度は2011年度から導入。
 またこれにあわせて、学識経験者や公認会計士などで構成する「社会福祉法人経営適正化検討会」を設立し、財務状況や組織運営の適正さを見極める基準も検討するとのこと。

無料転職サポートお申し込み

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ブログ|

▲pagetop

このページの先頭へ